23歳の転職は超おすすめ!早めの方向転換で未経験の仕事も採用OK!

23歳の転職は超おすすめ!早めの方向転換で未経験の仕事も採用OK!

「23歳での転職は早すぎる?」

「社会人経験が浅いから23歳での転職は無理かなぁ?」

 

あなたは23歳で転職をしたいけれど、

「23歳で転職できるのか?転職して良いのか?」

という不安を抱えているのですね。

 

23歳は大卒なら社会人1年目、高卒なら社会人5年目。

高卒で社会人5年目なら、経験をしっかり積んでいるので、転職することにそれほど不安は感じていないと思います。

問題は、大卒社会人1年目の23歳のあなたです。

 

1年目のふとした瞬間に、

「俺はこんな仕事がしたかったんじゃないんだよなぁ」

「このままずっとこの仕事をしていくのだろうか…」

と思ってしまうことがあると思います。

 

もし、あなたが今の仕事を続けていくことに疑問を抱き、転職したいと思っているなら、23歳の今、転職すべきです。

23歳なら未経験の業種・職種にも転職可能ですから。

 

「でも、経験が浅いし」

「最低3年は経験してからのほうが転職に有利なんじゃないの?」

こんな心配をする必要はありません。

 

23歳で転職をおすすめする理由と転職成功のポイントを一緒に見ていきましょう。

その都度、あなたの疑問にも答えていきますね。

23歳での転職をおすすめする理由

23歳での転職をおすすめする理由は、次の4つがあります。

 

 

この4つの理由を1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

「3年我慢」の考え方はもう古い

一昔前は、新卒で入社した会社では最低でも3年は我慢して働くべき、社会人経験は3年あったほうが良いという考えが主流でしたよね。

でも、もうその考えは古いです。

 

今の転職市場は

「ギャップがある会社で3年我慢するよりも、早めに転職したほうが良い

という考え方が主流になっています。

これは、どの企業も若い人材が欲しいからです。

 

大卒の場合、23歳は社会人1年目ですね。

就活の時には、いろいろ調べて今の会社に入社したと思います。

「そう。だから、23歳で転職するのをためらってしまう…」

と考えている人もいますよね。

 

でも、社会人経験がない中で、自分なりにしっかり調べたとしても限界があります。

だから、新卒で入った会社なんて、自分のイメージとのギャップがあって当然なんです。

ギャップの大小の差はあれど、理想通りの会社に入れたなんて人はほぼいません。

1年目でふと「こんなはずじゃなかったんだよなぁ」と思うこともあるでしょう。

 

  • ホワイトだと思っていたのに超ブラックだった
  • 上司のパワハラがストレス
  • 希望した部署(職種)に配属されなかった
  • 職場の体育会系のノリについていけない
  • こんな泥臭い仕事ではなくて、もっとスタイリッシュな仕事がしたかった

 

もし、あなたが社会人1年目でこのようなギャップに悩んでいるなら、3年我慢するのではなく、23歳の今、さっさと転職してしまいましょう

 

23歳なら未経験の職種・業種への転職OK

新卒で就職したけれど、

「こういう仕事がやりたいんじゃない」

「違う仕事がしたい」

「就職してからやりたいことが見つかった」

という人もいると思います。

 

そういう人は悩んでいる暇はありません。

今すぐ転職すべきです!

なぜなら、23歳なら未経験の職種・業種への転職が可能だからです。

 

20代のうちなら未経験の職種・業種への転職は可能です。

でも、20代後半になると、未経験の職種への転職のハードルはやや上がります。

 

だから、違う仕事をしたいなら、23歳の今、転職すべきなのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、未経験の職種・業種への転職は難しくなります。

ぐずぐず悩んでいる暇はありません。

23歳の今がチャンスです。

 

23歳の若さは就職・転職市場では大きな武器

23歳での転職をおすすめする理由の3つ目は、23歳の若さは就職・転職市場では大きな武器になることです。

 

23歳で転職を考えている人は、

「社会人経験が浅いし」

「アピールできるスキルがないんだよなぁ」

と悩んでいると思います。

 

でも、20代ならそんなに誇れる経験もスキルもないのが普通です。

そんな経験・スキルよりも、とにかく若さ!

若いことは何物にも代えがたい武器となるのです。

 

なぜなら、今の日本は少子化が進んでいて、若い人材がいないから。

「若い」、「23歳」というだけで、就職・転職市場では重宝されます。

 

もちろん、年齢を重ねていけば、若さの武器は使えなくなっていきます。

23歳>>>20代後半

これが、就職・転職市場の現実です。

社会人を3年経験して25歳で転職するよりも、23歳の今転職したほうが有利なことが多いです。

 

今の日本は人手不足で求人豊富

23歳で転職すべき理由の4つ目は、今の日本は人手不足で求人が豊富であることです。

23歳で若さが武器と言っても、求人が少なかったら、転職はおすすめできません。

 

でも、今の日本は人手不足なので求人は豊富。

23歳なら、必ず今よりも良い職場へ転職できるはずです。

「日本は不景気じゃないの?それなのに求人はあるの?」

確かに、今の日本は景気は良くありません。

でも、それ以上に労働力不足は深刻です。

なぜなら、若い世代がいないんですから。

 

だから、今は売り手市場ですから、

「転職できない」

という心配は不要です。

 

しかも、あなたは23歳。

よほどのことがない限り、転職成功は約束されたようなものなんです。

 

23歳で転職するなら押さえておくべきポイント

23歳での転職は、よほどへまをしない限り、失敗することはありません。

でも、「100%成功する!」と確約があるわけでもありません。

転職に失敗しないためにも、23歳で転職するなら押さえておくべきポイントを5つ説明していきます。

 

転職を繰り返さないように注意する

23歳で転職するなら、転職は繰り返さないようにしなければいけません。

いくら年齢が若くても、短期間に何度も転職を繰り返すと、

「こいつ、またすぐに転職するだろうな」

と採用担当者に思われますので、好条件の求人には採用されなくなります

 

転職回数の上限は3回までというのが定説です。

だから、23歳は転職しやすいからといって、転職を繰り返すことを前提に転職してはいけません。

大卒の社会人なのに、

「25歳で転職5回目です!」

というのは、さすがにヤバいです。

まともなところには転職できなくなるでしょう。

 

だから、いくら23歳で転職しやすいといっても、転職は繰り返さないようにする!

つまり、今回の転職を舐めてかからず、こだわりを持って転職すべきなのです。

 

未経験の仕事にチャレンジするなら資格取得を視野に入れる

23歳なら、未経験の職種・業種への転職は可能です。

ただ、簡単に転職できるというわけではありません。

 

だから、未経験の職種・業種へ転職する時は、資格取得を視野に入れましょう。

 

  • 経理=簿記2級やMOS、FASS検定、給与計算実務能力検定
  • 不動産=宅地建物取引士
  • IT=ITパスポート

などですね。

転職のためには絶対に必要というわけではありませんが、これらの資格を持っていると、希望の職種への転職が有利になります。

 

勉強を重ねないと取得できない資格もありますので、そのような場合は、今すぐ勉強を始めて、面接等で「資格取得を目指しています!」とアピールすると良いですよ。

 

希望条件を明確にしておく

23歳で転職するなら、希望条件を明確にしておきましょう。

希望条件を満たす職場に転職しないと、またすぐに転職したくなってしまいますから。

 

  • 年収350万円以上
  • 年間休日115日以上
  • 営業系の仕事
  • 残業は少なめで
  • 通勤は片道30分以内

 

このような条件を書き出してみましょう。

できるだけ具体的に書いたほうが良いです。

 

具体的に希望条件を出せば、求人の絞り込みが楽ですし、転職失敗のリスクは低くなりますよ。

 

在職中に転職活動をする

23歳だと、貯金もあまりないと思います。

だから、転職するなら、在職中に転職活動をしましょう。

 

「もうどうしようもないほど追い込まれている。今すぐに辞めたい!」

というなら退職したほうが良いです。

 

でも、まだ何とかなる状態なら、在職中に転職したほうが経済的に安定した状態で転職活動ができますので、

「もうお金もないし、この企業で良いか」

と妥協することもありません。

 

だから、23歳で転職するなら、在職中に転職活動をして、内定をもらってから退職したほうが良いです。

 

志望動機をしっかり考えておく

23歳で転職するなら、志望動機をしっかり考えておきましょう。

23歳はまだスキルが伴っていないので、自己PRはやや弱めになります。

それを補うのが、志望動機です。

なぜ、その仕事をしたいのか、なぜその会社で働きたいのかを志望動機で説明できれば、熱意が伝わります

 

また、志望動機をしっかり考えることで、本当にその仕事が自分に合っているか、やりたい仕事なのかを再確認することができるのです。

だから、23歳で転職するなら、志望動機をしっかり考えるようにしましょう。

 

23歳で転職するなら転職エージェントを使おう!

23歳で転職するなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使うと、転職が成功しやすいですし、転職活動を楽に進められるからです。

 

  • 20代向けの求人を多数扱っている
  • 転職サイトにはない好条件の非公開求人を扱っている
  • キャリアエージェントがあなたの希望条件に合う求人を紹介してくれる
  • 残業時間や職場の雰囲気などを調べてくれるので、ブラック企業に引っかからない
  • 給料交渉をしてくれる
  • 志望動機や自己PRを一緒に考えてくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • サービスは全部無料

 

このようなメリットがありますので、転職エージェントを使わないと損なんです。

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれますので、希望の職種・業種へ転職できますよ!

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

運営会社 | 天職エージェントとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる