20代で転職に失敗する人と成功する人の特徴や違いとは?本気度が大切

20代で転職に失敗する人と成功する人の特徴や違いとは?本気度が大切

20代の転職は失敗する人と成功する人に分かれます。

20代はいくら取り返しがつく年代とはいっても、転職に失敗したくないですよね。

20代で転職に失敗する人と成功する人の違いは、ずばり「本気度」です。

人生に本気で向き合っているか、転職に本気で取り組んでいるかどうかが、転職に失敗するか成功するかの分かれ道なのです。

20代で転職をするなら、転職の大前提を確認しておこう

20代で転職をするなら、転職の大前提を確認しておこう

20代で転職に失敗する人と成功する人の特徴や違いを知る前に、まずは転職の大前提を確認しておきましょう。

あなたの転職はあなた自身の問題であり、会社にとってはそれほど大きな問題ではありません。

だから、もし転職に失敗しても、それはあなたのせいであり、会社のせいではありません。

もう1つ、大前提として確認しておくべきことがあります。

それは会社とあなたの関係性です。

あなたは会社に労働力を提供し、会社はあなたに労働力の対価として給料を提供するという関係です。

会社はあなたのお母さんでもなんでもありません。

時々、「転職に失敗したのは会社が採用してくれないから」とか「会社が何もしてくれない」のように嘆いている20代の人がいますが、それは間違いなんです。

これを知っておけば、転職に成功するためにはどうすべきかが見えてくるはずです。

20代で転職に失敗する人の6つの特徴

20代で転職に失敗する人の6つの特徴

20代で転職に失敗する人の特徴を見ていきましょう。20代で転職に失敗する人には、共通する特徴があるんです。

20代で転職に失敗する人の特徴

  1. 受け身の姿勢で転職活動をする人
  2. プライドが高く言い訳ばかりする人
  3. 目の前のチャンスを掴もうとしない人
  4. 不満があっても行動に移さない人
  5. 無計画に転職活動をする人
  6. 転職目的が曖昧な人

受け身の姿勢で転職活動をする人

転職者は新卒者と違って自分から積極的に動いて転職活動をしなければいけません。

それなのに、新卒者と同じように受け身の姿勢でいたら、必要な情報を集められませんし、受け身の姿勢が面接官に伝わりますので、転職に失敗します。

プライドが高く言い訳ばかりする人

プライドが高く、言い訳ばかりすることも転職に失敗する人の特徴です。

本気で転職活動に取り組まない人がいます。

これは、「転職に失敗するのが怖いから」という深層心理が働くためです。

本気で転職に取り組んだのに失敗したら恥ずかしい。

だから、本気で転職に取り組まずに、言い訳できる部分を残しておき、いつも言い訳ばかりしている。

あなたの周りにも、そういうタイプがいると思います。

「俺だって、本気を出せば」とか「本気を出していないだけだから」とか言うタイプですね。

そういう間違った方向にプライドが高い人は、転職に失敗するのです。

目の前のチャンスを掴もうとしない人

目の前にチャンスがあるのに、それを掴もうとしないことも転職に失敗する人の特徴です。

目の前にチャンスが転がっているのに、自分から動いてそのチャンスを掴まないタイプ。これは先ほど説明したように、受け身の姿勢の人に多いですね。

目の前のチャンスに気づかない人もいます。

アンテナを張っておらず、ボーっとしているので、目の前に大きなチャンスが転がっているのに、それに気づかないという人もいます。

チャンスを掴めなければ、当然転職に失敗しますよね。

不満があっても行動に移さない人

不満があっても行動に移さないことも、20代で転職に失敗する人の特徴です。

不満はあるけれど、それを改善するための行動をとらないタイプの人っていますよね。

ずっと不満をグチグチ言っているだけの口だけタイプは、行動力がないので、転職に失敗します。

無計画に転職活動をする人

20代が転職活動をする時には、計画的に行わなければいけません。

在職中に転職活動を始めるにしても、退職後に始めるにしてもです。

計画を立てずに、行き当たりばったりで転職活動をする人は、たいてい失敗して終わりです。

転職目的が曖昧な人

転職をする20代の中には、「なんとなく転職したほうが良いと思って」とか「今の職場よりも良い職場がありそうだから」のように曖昧な転職目的で転職する人がいます。

いくら20代は転職に有利な年代と言っても、転職目的が曖昧だと、採用担当者に魅力的な人材だと思ってもらえません。

そして、自分自身で「なぜ転職するのか?」がわかっていないのですから、転職しても転職先に何かしらの不満を持ってしまうことが多いので、転職に失敗することが多いのです。

20代で転職に成功する人の6つの特徴

20代で転職に成功する人の6つの特徴

20代で転職に成功する人の特徴も見ていきましょう。20代で転職に成功する人の特徴はこちらです。

転職に成功する人の特徴

  1. 自分の人生を真面目に考えている人
  2. やりたいことに真剣に取り組む人
  3. チャレンジ精神があり、何事にも貪欲に取り組む人
  4. 努力を怠らない人
  5. 計画的に転職活動をする人
  6. 応募企業への強い思いがある人

自分の人生を真面目に考えている人

自分の人生を真面目に考えている人は、転職に成功することが多いです。

人生を真面目に考えている人は、自分は何をしたいのか、どんな自分になりたいのかが明確になり、それに向けて行動できるので、転職に成功しやすいんですね。

20代はまだまだ無限の可能性が広がっている年齢です。

自分の人生と真面目に向き合い、なりたい自分を明確にし、なりたい自分を実現させるにはどうすれば良いのかをわかっていることが、転職に成功するための重要なポイントなのです。

やりたいことに真剣に取り組む人

20代で転職に成功する人は、やりたいことに真剣に取り組んでいます。

「なりたい自分」や「やりたい仕事」を明確にしたら、それを実現するために転職活動を行います。

「なりたい自分」や「やりたい仕事」のために転職活動を真剣に取り組めば、転職活動がうまくいき、転職に成功しやすくなるのです。

チャレンジ精神があり、何事にも貪欲に取り組む人

20代で転職に成功する人は、チャレンジ精神があり、何事にも貪欲に取り組みます。

20代は無限の可能性が広がっています。

「どうせ無理でしょ」と自分で自分の可能性を狭めることなく、何事にも貪欲にチャレンジしていくことで、自分の可能性を広げることができますし、なりたい自分に近づいていくことができます。

また、20代はまだ実務経験が少ないですので、採用するかどうかはポテンシャルが重視されます。

受け身の姿勢でいる人よりも、チャレンジ精神があって、貪欲な人の方が企業としては魅力を感じますので、転職に成功しやすくなるのです。

努力を怠らない人

20代で転職に成功する人は、努力を怠らない人です。

先ほども言いましたが、20代はまだ実務経験が少なく、仕事で実績を残していません。

だから、企業側はポテンシャルを重視し、即戦力になることはさほど期待していないんです。

ただ、即戦力になれないからといって、「それで良い」とすることはできないですよね。

20代で転職するなら、早く戦力になれるように努力しなければいけません。

だから、努力を怠らない人は、転職に成功しやすいんです。

また、努力ができる人は、転職に有利になるスキル・資格を身につけることもできますよね。

計画的に転職活動をする人

20代で計画的に転職活動をする人は、転職に成功しやすくなります。

転職に成功する人は、転職活動の計画をしっかり立てて、在職中に転職活動を終えるか、退職後すぐに転職活動をしてスピード勝負で転職先を決めてしまいます。

転職活動をする時期については、「在職中に転職活動は無理?辛い?20代は退職後でなく今すべき理由3つ」<リンク>と「退職後に転職活動は不利?20代が成功するには辞めてからスピード勝負」<リンク>を読んでみると良いでしょう。

応募企業への強い思いがある人

応募企業への強い思いがあることも、転職に成功する人の特徴です。

「その企業でやりたいことがハッキリしている」、「その企業でなければダメな理由がある」、「どうしてもその企業で働きたい」という20代は転職に成功します。

なぜなら、面接で熱意ややる気を人一倍アピールできるからです。

熱意ややる気をアピールできれば、それだけあなたの仕事に対するポテンシャルをアピールすることができますよね。

20代で転職に成功する人は転職の目的を明確にして、その目的を達成するために真剣に企業を選んでいるんです。

そうすれば、自然と応募企業への強い思い・熱意を持つことができます。

20代で転職に失敗する人と成功する人の違いは「本気」かどうか

20代で転職に失敗する人と成功する人の違いは「本気」かどうか

20代で転職に失敗する人と成功する人の特徴を見てきましたが、転職に失敗する人と成功する人の違いが分かったと思います。

20代で転職に失敗する人と成功する人の一番大きな違いは、本気度です。

転職に成功する20代の人は20代の時から自分の人生と本気で向き合って、本気で転職に取り組みます。

でも、転職に失敗する人は人生に本気で向き合っていません。適当に考えています。

その結果、本気で転職に取り組もうとはしません。

だから、受け身の姿勢で言い訳ばかり、行動を起こさないので、転職に失敗するんです。

20代で転職に成功したいなら、まずは人生を本気で考え、「なりたい自分」、「やりたい仕事」を明確にすること。

そして、「なりたい自分」、「やりたい仕事」を実現するために、本気で転職活動に取り組みましょう。

20代で転職に成功するためには転職エージェントを使おう

20代で転職に成功するためには転職エージェントを使おう

20代で転職に成功するためには、転職エージェントを使って転職することをおすすめします。

転職に成功するためには、「なりたい自分」、「やりたい仕事」を明確にしなければいけませんでしたよね。

でも、自分では「なりたい自分」、「やりたい仕事」なんてよくわからないという人も多いと思います。

転職エージェントは、あなたとコミュニケーションを取りながら、あなたの志向などを分析し、「なりたい自分」や「やりたい仕事」などを明確にするお手伝いをしてくれます。

また、あなたが本気で転職活動に取り組めるように必要なアドバイスをしたり、求人の絞り込みを手伝ってくれるなど、全面的にバックアップしてくれるんですよ。

あなたが「転職に成功する人」になるためには、転職エージェントを使うことが一番簡単な方法なのかもしれません。

それぞれの転職エージェントについて詳しくは、『20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方』にてご覧頂けます。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる