人間関係が悪い職場にいる20代は、自分に合う居場所に転職すべき

20代で人間関係が悪い職場にいるなら、あなたに合う居場所に転職すべき

職場の人間関係が悪いことに悩んでいる20代の人は少なくないと思います。

「出勤するだけで鬱になる」、「仕事内容よりも職場の人と一緒にいることがストレス」。

このように職場の人間関係が悪いことに悩んでいる人は、20代のうちに転職しましょう。

人間関係が悪い職場で我慢して働いていると、メンタルが崩壊して働けなくなるかもしれません。

また、「もう限界!転職しよう!」と決意した時には、もう30代。「時すでに遅し」で、需要がなくなって、良い転職ができなくなっている可能性があるんです。

だから、20代の今のうちに居心地がよく、あなたの波長に合った職場に転職すべきです。

あなたの居場所を見つけることができれば、今のストレスとは無縁になり、仕事に前向きに取り組むことができ、仕事の楽しさを再発見できるはずです。

しかも、大きなストレスがなくなれば、仕事だけでなく、プライベートまで楽しくなること間違いなしです。

人間関係が悪い職場に20代で入ってしまった!?

あなたは本当に人間関係が悪い職場に入ってしまったのかを検証しよう

職場の人間関係が悪いことに20代で悩んでいるあなたは、まずはあなたが本当に人間関係が悪い職場に入ってしまったのかを検証しましょう。

  1. 人間関係が悪い職場に共通する特徴とは?
  2. そもそも違う価値観の人間が集まるから職場の人間関係は悪くなりやすい
  3. 個人的に合う合わないが違う
  4. 人間関係が良い職場・悪い職場の見分け方

人間関係が悪い職場に共通する特徴とは?

人間関係が悪い職場に共通する特徴を知っていますか?

社員1人1人が口を聞かない職場、人の揚げ足取りばかりをする職場、このようにわかりやすく人間関係が悪い職場もあります。

でも、一見人間関係が悪いとは思えないけれど、実は人間関係が悪いという『隠れ人間関係が悪い職場』もありますよね。

その『隠れ人間関係が悪い職場』には、ある共通する特徴があるのです。

その特徴とは、「最初は異常なほど腰が低く、丁寧に接してくること」です。

人間関係が悪い職場は、20代に対してであっても、最初は異常と思えるほど腰が低く、丁寧に接してきます。

これは、今まで人間関係でトラブルを起こしてきて、反省しているからです。

今度こそは人間関係でトラブルを起こさないように、20代の新入社員を逃がさないようにしようと思って、職場全員が異常と思えるほど丁寧に接してくるのです。

でも、人間の本質は変わらないので、丁寧に接するのは最初だけ。

徐々に本性が現れてきて、人間関係が悪いことが露呈してくるんです。

腰が低く丁寧に接してくるのは、長くても数週間程度です。

忙しい激務の職場だと、最初の1週間で人間関係の悪さが露呈してくることが珍しくありません。

人間は忙しくなり、精神的に余裕がなくなると、本性が出てきてしまうものですから。

そもそも違う価値観の人間が集まるから職場の人間関係は悪くなりやすい

職場は、色々な人が集まる場です。

年齢も20代だけではありませんし、立場も、家庭環境もそれぞれ違います。

つまり、職場は違う価値観の人が集まる場なのです。

大学のゼミやサークルは似たような年齢・環境、興味を持つ人が集まっているので、そこまで人間関係が悪くなることはありません。

でも、職場は大学のゼミやサークルとは違います。

価値観が違う人が集まれば、意見がぶつかることは当たり前です。

そして、自分の価値観に合わない意見を認めることができないこともあります。

似たような価値観を持っている人だけでグループを作り、違う価値観の人は仲間に入れず、悪口をヒソヒソと言い続ける。

だから、それぞれのグループの中で溝ができて、職場の人間関係が悪くなってしまうのです。

個人的に合う合わないが違う

そもそも、価値観が1人1人違うように、合う合わないも1人1人違いますよね。

あなたにとっては人間関係が悪い職場でも、違う人にとっては人間関係が良い職場ということがあります。

職場の雰囲気・波長は1つとして同じところはなく、その雰囲気・波長に合うか合わないかも1人1人違ってくるのです。

そして、職場の雰囲気や波長に合うかどうかは、実際に働いてみないとわかりません

人間関係が良い職場・悪い職場の見分け方

人間関係が良い職場と悪い職場を見分けるには、次の2つをチェックしてみましょう。

  1. 溝を埋めようとしているか
  2. 職場の雰囲気や波長に違和感を感じるか

この2つをチェックしてみたら、あなたが今人間関係が悪い職場に入ってしまったかどうかがわかるはずです。

溝を埋めようとしているか

職場にはいろいろな価値観を持った人が集まっているので、溝ができてしまうのは仕方がないことです。

ただ、人間関係が良い職場はこの溝を埋めようとします。

お互いに歩み寄り、溝を埋めよう、なくそうとするのが人間関係が良い職場なんです。

人間関係が悪い職場は、溝を埋めようとせず、むしろ溝をもっと深くしようと、溝をスコップで掘り続けようとします。

職場の雰囲気や波長に違和感を感じるか

人間関係が悪い職場は、あなたが働いていて、その職場の雰囲気や波長に違和感を感じることが多いです。

違和感を感じる職場は、その職場全員にとって「人間関係が悪い」とは言えません。

でも、あなたには合わない職場、つまりあなたにとっては人間関係が悪い職場ということになるのです。

人間関係が悪い職場に20代で所属するのはあなたにとってマイナス!

20代で人間関係が悪い職場にいるのはあなたにとってマイナス!

人間関係が悪い職場に20代のあなたがいるのは、マイナスでしかありません。

なぜ、人間関係が悪い職場で我慢し続けるのか、そして20代の時から人間関係が悪い職場で働き続けると、どうなってしまうかを説明していきます。

20代のうちから我慢して人間関係が悪い職場で働き続けると、取り返しがつかないことになるかもしれないんです。

  1. なぜ我慢し続けるのか?
  2. 20代からずっと人間関係が悪い職場で働き続けるとどうなるのか?

なぜ我慢し続けるのか?

人間関係が悪い職場に20代でいると思っているのに、あなたはなぜその職場で我慢し続けるのでしょうか?

人間関係が悪いことにストレスを感じつつも、今の職場で我慢し続ける理由は、主に2つあると思います。

  • 20代で転職するのは不安だから、我慢して今の職場にしがみつくしかない
  • 辞めたいけれど辞めさせてもらえない

今の職場を退職してしまったら、どこにも採用されないかもしれない。

転職できたとしても、今の会社よりも条件が悪い底辺の会社にしか転職できないかもしれない。

こういう不安があれば、人間関係が悪くても、今の職場で我慢するしかないと思ってしまいますよね。

また、辞めたいけれど、会社の歯車の1つになってしまっているから、上司に退職願を受け取ってもらえない。

しかも、退職願を受け取ってもらえないからといって、上司に反発したり、強硬手段に出られるような強気の性格でもないから、結局は辞めさせてもらえない。だから、我慢するしかない。

このような理由で、人間関係が悪い職場で働き続け、我慢し続けている20代の人は多いと思います。

人間関係が悪い職場で20代からずっと働き続けるとどうなるのか?

ただ、今のままずっと我慢し続けたらどうなるのでしょうか?

つまり、人間関係が悪い職場で20代からずっと働き続けるとどうなるのか?

その未来を考えていきましょう。

人間関係が悪い職場で20代からずっと働き続け、毎日我慢し続け、10年・20年・30年働き続けると考えると、それだけでゾッとしますよね。

そして、毎日毎日、同僚から上司から、メンタルを削られていくんです。

そうすれば、当然うつ病になったり、パニック障害などの精神疾患を発症するリスクが高くなります。

うつ病になったら、もう辞めるしかありません。

人間関係が良い職場なら、休職して療養させてくれるかもしれませんが、人間関係が悪く、それが原因でうつ病になったら、退職に追い込まれるのがオチです。

そして、退職後は療養しなければならず、すぐに転職できるわけではありません。

さらにうつ病はいつ回復するかわからないので、将来的な不安は非常に大きいですよね。

人間関係が悪い職場に20代で入ってしまったら、あなたに合う職場を見つけるべき

20代で人間関係が悪い職場に入ってしまったら、あなたに合う職場を見つけるべき

人間関係が悪い職場に20代で入ってしまったら、あなたに合う職場を見つけて転職すべきです。

「もう少し後でも良いかな?」なんて考えている余裕はありません。20代の今が勝負です。

  1. 自分に合う居場所を探すべき理由
  2. 人間関係だけが仕事のすべてではないのは事実
  3. バランスを重視しつつ、人間関係が良い職場を探すべき!

自分に合う居場所を探すべき理由

人間関係が悪い職場に20代で入ってしまったら、我慢せずに自分に合う居場所を探して転職すべきです。

  1. 20代のうちに転職しないと手遅れになる
  2. 人間関係が悪いことをあなた1人の力でコントロールできない
  3. それゆえに、人間関係が悪い職場から20代のうちに転職すべき

20代のうちに転職しないと手遅れになる

人間関係が悪い職場にいるなら、20代のうちに転職しないと手遅れになるかもしれません。

なぜなら、転職市場において、20代は売り手市場ですが、30代になると需要は一気に減少しますので、よほどの特別な資格・スキルがない場合は転職に成功する可能性は低くなります。

だから、人間関係が悪いことに悩んでいるなら、「もう少し後でも…」なんて悠長なことを言っている余裕はありません!

20代の今、居心地が良い職場を探して転職すべきなのです。

人間関係が悪いことをあなた1人の力でコントロールできない

20代で人間関係が悪い職場で働いているなら転職すべき理由の2つ目は、人間関係はあなた1人の力でコントロールできないからです。

職場の人間関係が悪いからといって、あなた1人の力ではどうしようもないですよね。

あなた1人が頑張っても、職場の人間関係は良くならないのです。

みんなが溝をスコップで掘り続けているのに、あなた1人が頑張って溝を埋めようとしても、溝は埋まらないですよね。

また、その職場の雰囲気や波長が合わないことは、あなたの努力でではどうしようもないことです。

職場の雰囲気や波長はあなた1人で変えられるものではありませんから。

だから、人間関係が悪いことは、あなた1人の力でコントロールするのは無理なのです。

それゆえに、人間関係が悪い職場から20代のうちに転職すべき

20代は売り手市場であること。

そして、人間関係が悪いことはあなた1人ではどうしようもない。

だから、人間関係が悪い職場で働いている20代のあなたは、転職すべきなのです。

転職することに不安を感じるかもしれません。確かに、確実に転職が成功するとは限りません。

でも、今の職場で我慢して働き続けていたら、そのうちうつ病になるかもしれません。

また、これからは今よりもさらに人間関係が悪くなって、耐えられなくなるかもしれません。

そして、その時あなたはもう30代、40代になっていて、転職するには手遅れになっている可能性があるんです。

今の職場で働いていても、改善する見込みはなく、悪化する可能性しかない。

それなら、転職するしかないのです。

人間は素直になって良いんです。

あまり我慢するのは良くありません。

人間関係だけが仕事のすべてではないのは事実

人間関係が悪いことに悩んでいる20代の人の中には、「人間関係が悪いからといって転職してしまって良いのか?」と悩むこともあると思います。

確かに、仕事をする上で重要なことは、人間関係だけではないですよね。

仕事をする上では、人間関係だけでなく、給料ややりがい、働く時間(自由な時間)なども重要になります。

人間関係だけを重視して、「みんなで仲良しこよし」ならばそれで良いというのであれば、それは職場ではなく、サークルですから。

給料ややりがい、働く時間(自由な時間)を考えると、人間関係が悪くても我慢すべきこともあると悩んでしまうかもしれません。

バランスを重視しつつ、人間関係が良い職場を探すべき!

確かに、人間関係が悪ければ、即「転職!」と決めてしまうのは、時期尚早と言える部分はあると思います。

でも、人間関係は重視すべき項目であることは間違いありません。

では、本当に転職すべきかどうかはどうやって判断すれば良いのでしょうか?転職すべきかどうか、次の4項目でレーダーチャートを作って判断しましょう。

  • 人間関係
  • 給料
  • やりがい
  • 働く時間(自由な時間)

この4項目で優先順位をつけてみましょう。合計で100になるように、4項目で指数を振り分けます。

そして、下記の図のようにレーダーチャートを作成してみてください。

(例)

  • 人間関係=40
  • 給料=15
  • やりがい=30
  • 働く時間(自由な時間)=15

人間関係重視度チャート図

人間関係で悩んでいるあなたは、おそらく人間関係を重視しているはずです。

このレーダーチャートを作れば、転職先に何を求めるのか、何を重視して転職すべきなのかが見えてくると思います。

全てがパーフェクトな職場はありません。だから、優先順位をつけて、あなたの価値観を数値化して、客観的にわかるようにする必要があります。

また、あなたの価値観を数値化して目で見てすぐにわかるようにすると、あなただけでなく、ほかの人にもあなたの価値観をすぐに、しかも正確に伝えることができます。

あなたが転職すべきかどうか、またどんなところに転職すべきかを相談する人に、あなたの価値観を視覚的に伝えることができれば、有益なアドバイスを貰えます。

口で説明してもなかなか伝わらないことってありますよね。ニュアンスが正確に伝わらない場合、的外れなアドバイスしか来ないことがあります。

でも、図を使って視覚的にきちんと伝えられれば、有益なアドバイスが貰えるんです。

この方法で転職先を探せば、あなたにピッタリ合った転職先を探すことができるはずです。

人間関係が悪いから20代で転職するなら、会社訪問&OB・OG訪問は必須!

20代で人間関係が悪いから転職するなら、会社訪問&OB・OG訪問は必須!

人間関係が悪いことに20代で悩んでいるなら転職すべきであるとお話しました。

ここまで読んでいて、1つ不安に思ったことはないでしょうか?

そうです。「その職場の雰囲気や波長に合うかどうかは、実際に働いてみないとわからない」ということです。

実際に働いてみないとわからないなら、転職しても、また人間関係に悩むかもしれないじゃないか!と思いますよね。

もしかしたら、転職したとしても、今の職場のよりも人間関係が悪い職場で働くことになるかもしれないと不安になるかもしれません。

確かにそうですよね。

ハッキリ言えば、転職しても、また人間関係に悩む可能性はあると思います。

でも、その可能性を限りなくゼロに近くする方法があります。その方法とは会社訪問とOB・OG訪問をすることです。

会社訪問をすれば、その職場の人が異常に思えるほど丁寧ではないか、その職場の雰囲気に自分が合いそうかどうかをチェックすることができます。

また、OB・OG訪問をすれば、OB・OGと話すことで、何となくその会社の雰囲気や波長が見えてきますよね。

そのOB・OGと波長が合うなと感じれば、あなたはその職場の雰囲気や波長に合う可能性が高いです。

逆に、「このOB・OGは無理だわ」とか「この人と一緒に働きたくない」と思えば、その職場もあなたに合わないと思ったほうが良いでしょう。

転職する時に、「会社訪問やOB・OG訪問は必要なの?」と悩むこともあると思いますが、人間関係が悪いことに悩んで転職するなら、会社訪問もOB・OG訪問も必須なんです。

人間関係が悪い職場で働いている20代なら、転職エージェントを使うべき

20代で人間関係が悪い職場で働いているなら、転職エージェントを使うべき

人間関係の悪い職場で働いている20代が転職する場合は、転職エージェントを使って転職先を探しましょう。

転職エージェントを使うと、4つの項目で優先順位をつけるアドバイスをしてくれます。

また、作成したレーダーチャートを参考にして、あなたの価値観に合った職場の求人を紹介してくれますし、会社訪問やOB・OG訪問について相談することもできますよね。

しかも、職場の離職率や評判などを調べてくれますので、人間関係が良く、あなたにとって居心地が良い職場に転職することができるのです。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる