転職で20代が良い人材になるための4つの方法!完璧よりも大切なこと

転職で20代が良い人材になるための4つの方法!完璧よりも大切なこと

転職する20代は「企業が求める人材=完璧な人材」と思っているかもしれません。

確かに、完璧な人材になれば、採用が近づきそうですよね。

でも、完璧な人材よりもコンプレックスがある人材の方が、面接官には魅力的に映ることも多いんです。

転職する20代はどんな人材が求められるのかを知ることで、応募企業の採用をグッと引き寄せることができます。

転職する20代は完璧な人材はいないことを知っておくべき

転職する20代は完璧な人材はいないことを知っておくべき

転職する20代は完璧な人材になろうとしているかもしれません。

完璧な人材になれるように取り繕おうとすると言ったほうが良いかもしれませんね。

でも、20代で完璧な人材なんていません。

20代でなくても完璧な人材なんていないのです。

もし、面接で20代が自分は完璧な人材であることをアピールしたとします。

「自分は仕事の能力も高いし、ビジネスのこと、社会のこと、世の中のことすべて理解している。今まで失敗や挫折は一切なかった。」のようにアピールしたら、面接官は「は?何言ってるの?生意気だし、可愛げがない。20代のくせに、その意味不明な自信はどこから来るんだよ」と思うはずです。

経験豊富な面接官は、世の中に完璧な人材はいないし、20代なら尚更完璧には程遠いことを知っています。

それなのに、転職する20代が完璧な人材であるようにアピールしたり、取り繕おうとしたら、マイナスの印象を与えてしまうのです。

むしろ、コンプレックスがあったり、挫折経験がある人の方が、20代の場合は面接官に魅力的に映ります。

コンプレックスがある人は、コンプレックスを消すために努力しますし、挫折経験がある人はメンタルが強く、失敗からいろいろなことを学んでいるからですね。

だから、転職する20代は完璧な人材になろうとする必要はないのです。

転職する20代が良い人材になるための4つの方法

転職する20代が良い人材になるための4つの方法

転職する20代が良い人材になるためには、次の4つの方法を実践しましょう。

  1. 求められる人材像を把握しておく
  2. 失敗しても反省して次に活かす
  3. 過去を上回るアピールをする
  4. コンプレックスを行動力に変える

この4つの方法を実践すれば、面接官に「良い人材だ」と思ってもらえるはずです。

求められる人材像を把握しておく

20代が転職する時には、企業が求めている人材像を把握しておきましょう。

完璧な人材になる必要はありませんが、企業が求めている人材に近づく努力はしておかなくてはいけません。

転職する20代に企業は何を求めるのか?どんな人材に魅力を感じるのか?それを考えておく必要があるのです。

中途採用の20代に企業が求める人材像は、ポテンシャルが高い人材です。

実務経験が少ない20代に、即戦力になれるだけの実務能力は求めていません。

それよりも、仕事への適性が高く、将来は仕事で高い能力を発揮できると思える人材を求めています。

だから、20代が転職するなら、面接では次のようなことをアピールしましょう。

  • 目標やキャリアプランを明確にする
  • その企業に転職する目的をはっきりさせ、熱意ややる気をアピールする
  • 戦力になれるように努力する姿勢を見せる

そうすれば、面接官はあなた魅力を感じ、求めている人材であると思ってくれるはずです。

失敗しても反省して次に活かす

20代で転職する時には、次に活かす姿勢が大切です。

転職活動していても、不採用が続くこともあると思います。

その時には、「企業が選んでくれなかった」」と企業のせいにするのではなく、何がダメだったのかを冷静に分析し、反省点を洗い出して、これからの転職活動に活かしていく必要があります。

最近では、マニュアル通りの仕事をするのではなく、トライアンドエラーをしながら、新しいことを生み出すことを推奨する社風の企業も増えてきています。

特に、20代は柔軟な考え方ができますので、トライアンドエラーを推奨されることが多いです。

だから、失敗も反省し、それを糧にして次に活かす姿勢を忘れず、それを面接でアピールすることで、良い人材であると判断してもらえるんです。

面接で過去の失敗談や挫折についてのエピソードを聞かれることがありますよね。

あれは、20代の転職者にとっては大きなアピールチャンスです!

先ほども言ったように、「失敗や挫折なんてありません」とするのは最悪な答えです。

「このような失敗や挫折を経験しましたが、そこからこのようなことを学びました。」のように答えるようにしましょう。

過去を上回るアピールをする

転職する20代は、完璧な人材であるように取り繕う必要はありません。

でも、今まで転職を繰り返してきたり、正社員として働かず、フリーターでフラフラしていたような人は、少しでも自分を良く見せようと、言い訳をしたり取り繕ったりしようとすると思います。

でも、下手な言い訳は逆効果です。

面接官は人材を見極めるプロなのですから、すぐに見抜かれて、しどろもどろになり、ボロを出すことになります。

自分の過去に自信がない人は、それを上回るあなたの長所や武器、魅力をアピールしましょう。

過去は変えられません。そして、下手に取り繕っても逆効果です。

それなら、過去は過去として認め、それ以上の魅力を持った人材であるとアピールしましょう。

言い訳ばかりだと、どうしてもうつむきがちになって、声が小さくなり、自信がない人だと思われますが、それ以上の魅力を持った人材であるとアピールすれば、自然に明るく声も大きくなり、自信を持って堂々とした人であると思ってもらえます。

そうすれば、面接官はあなたを魅力的な人材であると判断するはずです。

コンプレックスを行動力に変える

転職する20代は、何かしらのコンプレックスを持っているはずです。

何度も言っていますが、完璧な人間なんていないので、コンプレックスを持っていることは当たり前のことなんです。

そのコンプレックスは隠さずに、行動力に変えましょう。

コンプレックスと向き合い、そのコンプレックスを解消するために努力をしましょう。

そうすれば、自然と企業が求める人材に近づくことができます。

20代の採用はポテンシャルが重視されるのですから、コンプレックスを解消するために努力をし、行動できる人は良い人材だと思われます。

コンプレックスがある人は、人の気持ちがわかりますし、努力できるし、常に全力で取り組もうとするため、良い仕事ができますし、伸びしろがあると面接官は思います。

だから、コンプレックスは隠さずに、そのコンプレックスを解消するために努力していることをアピールするようにしましょう。

転職する20代は転職エージェントを利用しよう

転職する20代は転職エージェントを利用しよう

転職する20代は、転職エージェントを利用して転職活動をすることをおすすめします。

企業から良い人材だと思ってもらうためには、

  • 求められる人材像を把握しておくこと
  • 自己分析をして目標やキャリアプランを明確にすること
  • 過去を上回るアピールをすること。
  • コンプレックスを把握し、それを解消するための努力をすること。

などが必要になります。

でも、これを全部自分1人で行うのは難しいですよね。

だから、転職エージェントを利用するんです。

転職エージェントは自己分析やキャリアプランの作成などを手伝ってくれますし、過去を上回るあなたの魅力のアピール方法、コンプレックスを解消するために努力すべきことなどをアドバイスしてくれます。

もちろん、あなたの目標やキャリアプランを達成できる企業の求人も紹介してくれますし、その企業が求める人材像も教えてくれますので、20代での転職を成功させることができるんです。

それぞれの転職エージェントについて詳しくは、『20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方』にてご覧頂けます。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる