転職は優先順位が重要!条件を整理すれば20代で成功確率が上がる

「転職先に求める条件が多すぎてどうすれば良いかわからない」、「希望に合った求人が見つからない」という20代の人は多いと思います。

求人選びが捗らない理由は、転職先に求める条件の優先順位がついてないからかもしれません。

転職先に求める条件は優先順位をつけておかないと、転職を失敗する可能性が高いです。

転職では優先順位をつけて条件を整理することが、成功確率を高めるコツなんです。

転職では条件の優先順位をつけないと失敗する可能性が高い

転職では条件の優先順位をつけないと、失敗に終わる可能性が高いです。

転職先に求める条件はいろいろあると思います。

「給料が高くて、休みがたくさんあって、好きな時に有給を使えて、やりがいがある仕事ができて、スキルアップもできて、上司が優しくて人間関係が良くて、会社が安定していて、通勤しやすい会社」

こんな会社があったら最高ですよね。

でも、これらの転職先に求める条件をすべて満たしている企業は、ハッキリ言ってありません。

あったとしても、ものすごく競争率が高いので、よほど突出したスキルを持っていない限り、おそらく採用されることはないでしょう。

それなのに、転職先に求める条件を高望みし過ぎて、「あれもこれも」と欲張っていると、結局は「良い求人がない」といつまでも求人を絞り込めず、時間だけがダラダラと過ぎていき、30代になって転職するタイミングを逃してしまうことになります。

また、「求人を選べないから!」と適当に良さそうな求人を選んでしまった場合、転職後に「なんか違う」とか「私が望んでいた職場はこれじゃない!」と不満に思ってしまうことになります。

だから、転職する時は条件に優先順位をつけないと、転職に失敗する可能性が高くなるんです。

転職では優先順位をつけて条件を整理することで成功確率が上がる

転職では優先順位をつけて条件を整理することが重要です。

そうすることで、転職の成功確率が上がるんです。

なぜ、優先順位をつけて条件を整理すると、転職の成功率が上がるのか?3つの理由を説明していきます。

  1. 転職すべきかどうかがハッキリする
  2. ミスマッチが起こりにくい
  3. 転職の求人を絞り込みやすくなる

転職すべきかどうかがハッキリする

転職で条件の優先順位をつけると、転職すべきかどうかがハッキリします。

条件の優先順位をつけると、あなたが仕事をする上で何を重視するかがハッキリしますよね。

そうすると、「あれ?今の職場ってそんなに悪くないんじゃない?」という発見をすることもあります。

「今の職場のここが嫌、あれも嫌」と思っていても、実は一番大切な部分は意外と満足しているというケースもありますよね。

逆に、「やっぱり、今の職場は絶対にダメ。転職するしかない」という結論に至ることもあります。

いくら転職しやすい20代と言っても、無駄な転職はすべきではありません。

だから、優先順位をつけて条件を整理すると、転職すべきかがハッキリしますので、無意味な転職を避けることができるんです。

ミスマッチが起こりにくい

転職の条件の優先順位をつけると、「これだけは絶対に譲れない!」という条件が自分の中で明確になります。

そうすると、その譲れない条件を確実に満たす転職先を探すようになるので、ミスマッチが起こりにくくなるんです。

どうしても譲れない条件さえ満たしていれば、その他の条件は満たされていなくても、その職場への不満は起こりにくくなります。

だから、転職する時は優先順位をつけておくと、ミスマッチが起こりにくくなり、転職したことを後悔するリスクが低くなるのです。

転職の求人を絞り込みやすくなる

転職の条件の優先順位をつけておくと、転職の求人を絞り込みやすくなります。転職で何を優先するかが明確になっているからです。

転職は20代のうちにしておくべきです。

30代になれば、一気に転職のハードルが高くなりますから。

ただ、最初にも説明したように「あれもこれも」と欲張っていると、なかなか求人を絞り込むことができず、「気づいたら30代になっていた」なんてことになりかねません。

20代という貴重な時間を求人選びに費やしたら、もったいないどころの話ではありません。

条件の優先順位をつけておけば、自分にとって譲れない項目、妥協できる項目がハッキリしますので、転職の求人を絞り込みやすくなり、効率よく転職活動を進めていくことができるのです。

転職での優先順位をつけて条件を整理する3ステップ

転職では優先順位をつけて条件を整理することが、転職を成功させるためのカギであることが分かったと思います。

でも、優先順位のつけ方がわからないという20代の人も少なくないと思います。

そんなあなたのために、転職先に求める条件の優先順位のつけ方を3つのステップで説明していきます。

  1. 転職先に求める条件を書き出す
  2. 3段階に分ける
  3. 点数化する
  4. 点数化して2つの求人を比べる具体例

転職先に求める条件を書き出す

まずは、転職先に求めるものを書き出してみましょう。いわゆる「理想の転職先の条件」を箇条書きで書いてみてください。

この時点では、優先順位は考えなくてOKです。

「あれもこれも」の欲張り精神を出して大丈夫です。

転職先に求める条件の一例をご紹介しますね。

  • 年収450万円以上
  • 通勤は片道30分以内
  • 希望に合った業種・職種(仕事内容)
  • 経験やスキルに適した仕事
  • 土日休みで休日数が多い
  • 有給消化率が高い
  • 経営状態が安定している
  • 残業は月20時間以下
  • 人間関係が良い
  • 交通費は全額支給
  • 福利厚生が充実している

もっとたくさんの条件を書き出してももちろん大丈夫ですよ。思い浮かんだ転職先に求める条件をとにかく書き出すことが大切です。

3段階に分ける

転職先に求める条件を書き出したら、次は優先順位を付けます。優先順位をつける時には、3段階に分けて下さい。

1.絶対に譲れない条件

2.多少妥協しても良い条件

3.なくても我慢できる条件

この3つのカテゴリーに先ほど箇条書きにした条件を分けてみてください。

もし、もっと細かく分類できるようであれば、1位から順にランキングを作っても良いでしょう。

点数化する

転職先に求める条件を3段階に分けたら、最後は点数をつけてください。

条件を点数化することで、どの求人が一番あなたに合っているかが目に見える形でハッキリと選別することができるからです。

2つの求人があって、どっちを選ぶべきか迷っていた場合、Aの求人は50点、Bの求人は40点という結果が出たら、Aの求人を選んだほうがあなたの転職先に求める条件をより満たしているということがハッキリしますよね。

だから、転職先選びの決め手になるんです。

3段階に分けて優先順位を付けた場合は、

  • 絶対に譲れない条件=10点(特に満足度が高ければ+5点)
  • 多少妥協しても良い条件=1点(特に満足度が高ければ+3点)
  • なくても我慢できる条件=0点(特に満足度が高ければ+1点)

このように点数化すると良いでしょう。

1位から10位までランキングを作って優先順位を付けた場合は、1位=10点、2位=9点、3位=8点、4位=7点のように点数をつけてると良いと思います。

点数化して2つの求人を比べる具体例

では、実際にここまでの3つのステップで2つの求人を比べてみましょう。

不動産業界の法人向けの営業の仕事がしたい20代男性のケースで考えていきます。

転職先に求める条件

  • 年収450万円以上
  • 通勤は片道30分以内
  • 希望に合った業種・職種(仕事内容)
  • 経験やスキルに適した仕事
  • 土日休みで休日数が多い
  • 有給消化率が高い
  • 経営状態が安定している
  • 残業は月20時間以下
  • 人間関係が良い
  • 交通費は全額支給
  • 福利厚生が充実している

これら11の条件を3段階に分類していきます。

妥協できないこと=10点(特に満足感が高ければ+5点)

  • 年収450万円以上
  • 希望に合った業種・職種(仕事内容)
  • 経営状態が安定している
  • 交通費は全額支給

妥協できること1点(特に満足度が高ければ+3点)

  • 通勤は片道30分以内
  • 土日休みで休日数が多い
  • 残業は月20時間以下
  • 人間関係が良い

なくても良いもの0点(特に満足度が高ければ+1点)

  • 経験やスキルに適した仕事
  • 有給消化率が高い
  • 福利厚生が充実している
  • 女性が働きやすく育児休暇からの復帰率が高い

そして、2つの求人を例に出して、それぞれ点数化します。

A求人=合計50点

  • 年収は500万円:10点+5点
  • 不動産業界の法人向けの営業:10点
  • 経営は安定:10点
  • 交通費全額支給:10点
  • 通勤片道45分:1点
  • 土日休みだけど休日数は多くない:1点
  • 残業は月30時間:1点
  • 人間関係:1点
  • 経験やスキルは活かせない:0点
  • 有給消化率は30%程度:0点
  • 福利厚生が充実:0点+1点

B求人=60点

  • 年収は450万円:10点
  • 不動産業界の法人向けの営業:10点
  • 業界最大手で経営はは超安定:10点+5点
  • 交通費全額支給:10点
  • 通勤片道20分:1点+3点
  • 土日休みで休日数が多い:1点+3点
  • 残業は月10時間:1点+3点
  • 人間関係:1点
  • 経験やスキルは活かせない:0点
  • 有給消化率は80%程度:0点+1点
  • 福利厚生は充実:0点+1点

A求人は合計が50点、B求人は合計が60点となりますので、この例に出した20代男性にとってはB求人を選んだほうが満足度は高いということになります。

これで、あなたにとって最適な求人を効率よく探すことができますので、20代のうちに希望に合った職場に転職することができますし、転職後にミスマッチが起こって後悔することもないはずです。

転職で優先順位をつける条件の整理ができない20代は転職エージェントを利用しよう!

転職で条件の優先順位をつける重要性や方法が分かったと思います。

でも、「優先順位なんてつけられない!どの条件も譲れない!」という20代もいると思います。

「どの項目・条件も一番大切で妥協なんてできない!」、このように思ってしまうのも仕方ないですよね。

転職は人生の大きな転機になるものですから、「妥協したくない」という気持ちは当たり前です。

でも、最初にも説明した通り、すべてを満たす職場なんてないのですから、やっぱり妥協すべきところは妥協しないといけないんです。

転職での条件の優先順位をつける時には、転職エージェントを利用すると良いですよ。

転職エージェントは、あなたにインタビューしながら、あなたの価値観に沿った優先順位をつけるお手伝いをしてくれます。

だから、あなたの仕事への価値観をハッキリさせることができ、納得できる優先順位をつけることができるんです。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる