転職でブランク期間の理由説明は半年から必要!20代は自己啓発が◎

転職でブランク期間の理由説明は半年から必要!

「転職でブランク期間の理由説明が必要になるのは、どのくらいの期間からなんだろう?」、「ブランク期間の理由説明は、どんなものが良いのだろう?」と考えてしまうことがあると思います。

ブランク期間が半年以上になると、その間何をしていたのかという理由説明が必要になります。そして、20代なら「自己啓発をしていた」という理由がおすすめです。

ブランク期間が半年以上あっても、転職時にきちんと理由説明ができれば、ブランク期間があることを気にする必要はありません。

転職でブランク期間の理由説明がいるのは「半年」以上

転職でブランク期間の理由説明がいるのは「半年」以上

転職でブランク期間の理由説明が必要になるのは、ブランク期間が半年以上ある場合です。

前の仕事を退職してブランクが3ヶ月程度なら、「転職活動に3ヶ月かかるのは普通のこと」と面接官は考えますので、面接で特に突っ込まれて聞かれることはないでしょう。

もし、ブランク期間が3ヶ月程度なのに、転職の空白期間の理由を面接で聞かれたら、「転職活動をしていました」と伝えればOKです。

ただ、転職でブランク期間が半年以上ある場合は、その空白期間の理由説明を求められることが多いです。

なぜなら、転職活動に6ヶ月もかかることは稀ですし、その半年間は何をしていたのだろう?と単純に疑問に思う面接官が多いからです。

転職で半年以上のブランク期間の理由説明でのNGパターン

転職で半年以上のブランク期間の理由説明でのNGパターン

転職する時に、半年以上のブランク期間があると、なぜ空白期間があるのかという理由説明が必要になります。

ブランク期間が6ヶ月以上あると、理由説明によっては、採用してもらえなくなることがあります。

  1. 転職活動をしていました
  2. 何もしていませんでした

転職活動をしていました

半年以上ブランク期間がある場合、その理由説明で「転職活動をしていました」と答えるのは絶対にNGです。

通常、優秀な人材であれば転職活動に半年以上もかかることはありません。

それなのに、半年以上も転職活動をしていたと答えたら、「どこにも採用してもらえない人材なんだろうな。何かしらの地雷を持っているんだろうな。」と思われます。

どこにも採用してもらえないような人を、積極的に採用する企業はありません。

だから、半年以上もブランク期間があるのに、「転職活動をしていた」という理由説明はNGなのです。

何もしていませんでした

半年以上ブランクがあるのに、「何もしていませんでした」と理由説明をするのもNGです。

たとえ、あなたが本当に何もしていなくて、ニートの生活を満喫していたとしても、それを正直に答えるのはおすすめできません。

「何もしていませんでした」と答えたら、「いい大人が6ヶ月以上もフラフラしていたのか。怠け癖がありそうだな。」と面接官は考えるでしょう。

だから、「何もしていませんでした」という理由説明はNGなのです。

転職でブランク期間が半年以上ある時の理由説明は「自己啓発」が良い

転職でブランク期間が半年以上ある時の理由説明は「自己啓発」が良い

転職でブランク期間が半年以上ある時には、面接で空白期間の理由説明を求められることが多いです。

もし、あなたが20代ならブランク期間の理由説明は自己啓発にすることをおすすめします。

  1. 「自己啓発をしていた」なら面接官は納得する
  2. 自己啓発は転職先で活かせるものであることが鉄則
  3. 自己啓発なら今日から始められる
  4. 今後も資格取得を頑張るつもりの時は注意が必要
  5. 自己啓発で得た知識を職場で活かすという理由説明がおすすめ

「自己啓発をしていた」なら面接官は納得する

前職を退職してから、次の転職までのブランク期間が半年以上ある20代のあなたは、「自己啓発をしていた」と理由説明をすれば、面接官は納得するでしょう。

自己啓発とは、かみ砕いて言えば「自分磨き」です。

応募企業で役立つような資格取得のための勉強をしていたなど、転職前のブランク期間を自分自身のステップアップのために使っていたと説明すれば、ブランク期間が6ヶ月以上あっても面接官は納得してくれます。

特に、20代はどんどんスキルアップしていくべき年代です。

30~40代の人が「自己啓発をしていました!」と答えても、面接官は「おいおい、いい歳して今頃自己啓発をしているのか…。この人は期待できないな。」と思うことも多いです。

でも、20代の今なら自己啓発をドンドンしていくべき年代ですから、ブランク期間の理由説明は「自己啓発をしていた」というものがおすすめなんです。

自己啓発は転職先で活かせるものであることが鉄則

20代の人が転職時の面接で、半年以上のブランク期間を問われた時には、自己啓発をしていたと答えるのがおすすめです。

ただ、自己啓発の内容はその転職先で活かせるものでないといけません。

営業職なら「交渉術を学ぶためにセミナーに参加したり、営業士検定の資格を取得していました。」という理由説明だと良いですね。

また、TOEICの勉強をしていたというのも良いと思います。英語はどの業界でも必要とされることが多いですから。

特に、英語ができる人優遇としている企業への転職を考えている20代の人は、TOEICの勉強はブランク期間の良い理由説明になると思います。

自己啓発なら今日から始められる

ブランク期間の理由説明は、基本的に嘘をついたり、ごまかしたりするのはいけません。もちろん、ブランク期間をごまかすのもNGです。

「でも、6ヶ月以上ブランク期間があるのに、私は今まで自己啓発をしてこなかったし、何もしていなかった」という人もいますよね。

そんな人でも大丈夫です。

なぜなら、自己啓発は今日から、今すぐ始めることができるのですから。

今から自己啓発を始めれば、転職の面接で「自己啓発をしていました」と答えても嘘になりません!

さぁ、今日から自己啓発を始めましょう!

今後も資格取得を頑張るつもりの時は注意が必要

20代で転職前のブランク期間に自己啓発に励み、資格取得を目指すことは良いことです。

ただ、難関の資格を取得しようと思った場合、ブランク期間中に勉強しただけでは、資格を取得できず、転職後も勉強を続けなければいけないこともありますよね。

半年以上のブランク期間の理由説明で自己啓発と答え、さらに自己啓発のために努力を続けることをアピールするのは、やる気や熱意を伝えることができます。

ただ、転職後も資格取得を目指して頑張るという場合は、注意が必要です。

なぜなら、「資格を取得したら退職するんだろうな」とか「勉強に重点を置いて、仕事を疎かにするかもしれないな」と面接官は考えるからです。

そう思われたら、採用は遠のいてしまいます。

だから、転職後も資格取得を目指すつもりの人は、注意が必要なんです。

先ほども言いましたが、自己啓発は転職先で活かせるものを選ぶべきで、資格取得も転職先で活かせるものを選んだほうが良いでしょう。

そして、「資格取得後も辞める可能性はない、その資格をうちの会社で活かしてくれる」と面接官に思ってもらうためにも、「資格取得後は、その資格を活かしていきたい」とアピールしておくようにしましょう。

自己啓発で得た知識を職場で活かすという理由説明がおすすめ

転職でブランク期間が半年以上ある場合、自己啓発を理由にするのがおすすめですが、公務員試験や司法試験などに挑戦していたという人もいると思います。

その場合、ブランク期間は6ヶ月どころではなく、1年~2年程度になることもありますよね。

このようなケースの場合は、「公務員試験(司法試験)のために勉強をしていました」という理由説明で問題ありません。

それだけ、あなたがブランク期間に努力を続けていたという証拠ですから、正直に答えてOKです。

ただ、次の2つのことはしっかりアピールしておかなくてはいけません。

  • 公務員(その他資格職)になることはスッパリ諦めたこと
  • 試験勉強で身につけた知識を転職後に活かすこと

公務員やそのほかの資格職になること、試験勉強を続けることはスッパリ諦めたことを面接で伝えておかないと、「仕事そっちのけで勉強を続けるかも。合格したら、すぐに辞めそう。」と思われます。

また、今まで頑張って続けてきた努力を無駄にせず、今後はそれを活かして仕事をしたいと伝えないと、転職先にとってはあなたの試験勉強のための努力は意味がないものであり、「何もしていない」というブランク期間と変わらなくなってしまいます。

公務員試験などの試験勉強は、今のあなたにとっては自己啓発の1つになっていないと、面接官はあなたという人材に魅力を感じません。

だから、ブランク期間に得た知識を転職先で活かすことをアピールする必要があるのです。

転職で病気療養が理由でブランク期間が半年以上ある時の理由説明はどうする?

転職で病気療養が理由でブランク期間が半年以上ある時の理由説明はどうする?

転職前のブランク期間が半年以上ある人の中には、病気療養が理由だったという人もいると思います。

病気で療養していたためブランク期間が長くなってしまったという場合は、「病気だったことを知られないほうが良いかも。」と心配になるかもしれません。

でも、ブランク期間が6ヶ月以上ある理由が病気療養なら、正直に答えて大丈夫です。

ただ、次の2つを付け加えて理由説明を行うようにしましょう。

  • 現在は回復していて仕事に支障がないこと
  • 病気療養中は自己啓発をしていたこと

企業側にとっては、以前病気だったとしても、現在は仕事に支障がないほど回復していれば、何の問題もありませんので、療養していたと正直に答えてOKです。

そして、病気療養中も無理のない範囲で自己啓発をして、スキルアップに励んでいたことを伝えれば、面接官に納得してもらえるはずです。

ブランク期間が半年以上ある20代は転職エージェントを利用しよう

ブランク期間が半年以上ある20代は転職エージェントを利用しよう

ブランク期間が半年以上あって、転職するのが不安な20代のあなたは、転職エージェントを利用することをおすすめします。

ブランク期間の理由説明に自信がない人も多いですよね。

転職エージェントなら、希望の転職先に採用されるには、どんな勉強・スキルアップをすべきかなどをあなたの自己啓発の方向性を一緒に考えてくれます。

また、どのようにブランク期間の理由説明をすれば、好印象を持ってもらえるのかなどのアドバイスをしてくれるので、ブランク期間が長くても、希望の転職先に採用されやすくなるんです!

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる