転職のデメリットとメリット、20代はどちらが大きいか確認すべき!

転職のデメリットとメリットを考えると、「転職したほうが良いかな?しない方が良いかも…」と悩んでしまう20代は多いと思います。

後悔しない選択をするためにも、20代で転職するデメリットとメリットを比較してみましょう。

転職するデメリットとメリットを比べてみて、もしメリットが大きいのであれば、20代の今、転職すべきです。

20代が転職するデメリットと軽減方法

20代が転職するデメリットは、次の3つがあります。

  1. 所得が上がらない可能性
  2. 思わぬブラック企業に引っかかるリスクがある
  3. 新しい環境でのストレス

この3つのデメリットとそれぞれのデメリットの軽減方法を説明します。

所得が上がらない可能性

20代で転職すると、所得が上がらない可能性があることがデメリットになります。

20代は仕事の実績がないので、転職直後の給料は低めになります。

転職前よりも、給料が下がるケースも珍しくありません。

しかも、年功序列型の評価システムだと、勤続年数で給料が上がっていく仕組みなので、転職すると同い年の同僚よりも、いつまで経っても給料が低いままということがあるんです。

実力主義の評価システムの企業を選べば大丈夫

20代で転職することで、所得が上がらない可能性があるデメリットは、実力主義の評価システムの企業を選べば大丈夫です。

実力主義なら勤続年数よりも、仕事での実績を評価してくれますので、あなたが仕事で結果を残せば、給料はどんどん上がっていきます。

また、完全年功序列制ではなく、年功序列制に実力主義の評価システムを加えているようなところであれば、20代のうちに転職してしまえば、勤続年数はほんの数年しか変わりませんので、さほどデメリットにならないでしょう。

思わぬブラック企業に引っかかるリスクがある

20代で転職するデメリットの2つ目は、思わぬブラック企業に引っかかるリスクがあることです。

求人情報に掲載されている情報だけでは判別できない隠れブラック企業は存在します。

残業はサービス残業が当たり前だったり、タイムカードを切ってから残業させたり。

先輩社員が帰るまでは退勤できなかったり、パワハラ&セクハラが蔓延していたり。

転職すると、このような隠れブラック企業に引っかかるリスクがあるのです。

事前にしっかり調査すれば大丈夫

隠れブラック企業に引っかかるリスクがあるというデメリットは、事前にしっかり調査しておけば大丈夫です。

求人情報に載っていることだけでなく、細かい部分まで気になることは転職前にしっかり調べて、すべてクリアにしておけば、隠れブラック企業に引っかかることはありません。

新しい環境でのストレス

20代で転職するデメリットの3つ目は、新しい環境で働くことによるストレスがあることです。

誰でも、新しい環境で働くと、少なからずストレスを感じます。

いろいろ気を使ったり、緊張しながら働くことになるので、疲れやすくなりますし、最悪の場合、適応障害になったりすることもあります。

慣れるまでの辛抱&今が続くことと比べてみる

新しい環境で働くことは、確かにストレスです。

でも、その環境に慣れてしまえば、そのストレスはなくなります。

また、今の職場環境がずっと続くことを考えてみましょう。

一時的にストレスはかかるものの、心機一転新しい職場で働くのと、今の職場でずっと働くのは、結果的にどちらがあなたのストレスになるでしょうか?

今の職場でずっと働くストレスを考えたら、新しい職場での一時的なストレスを選ぶ人は多いと思います。

20代が転職するメリット

20代が転職するメリットを見ていきましょう。

20代が転職するメリットは、次の4つです。

  1. 本当にやりたい仕事に挑戦できる
  2. 人事評価をリセットできる
  3. うまくいけば待遇アップが期待できる
  4. 人間関係を一新できる

この4つのメリットを詳しく説明していきます。

本当にやりたい仕事に挑戦できる

20代なら未経験の業種・職種に転職することができます。

30代になったら、未経験の業種・職種への転職は限りなく難しくなります。

20代なら、キャリアプランを見直してキャリアチェンジをすることは難しくありません。

憧れの仕事、やってみたい仕事にチャレンジするなら、20代の今しかないのです。

人事評価をリセットできる

20代で転職するメリットの2つ目は、人事評価をリセットできることです。

今の職場でミスをして、20代の時に人事評価でつまづいてしまうと、今後の出世は期待できなくなってしまいます。

でも、転職すれば人事評価をリセットすることができるので、また出世コースに乗ることも可能なんです。

うまくいけば待遇アップが期待できる

20代で転職すると、待遇面での改善が期待できることも転職のメリットでしょう。

20代の場合、仕事の実績がないので、転職直後は転職前よりも給料が下がることがあります。

これは仕方がありませんよね。

でも、30代・40代・50代になってから、今の職場よりも年収アップが期待できる企業は必ずあるはずです。

また、年間休日数やボーナス、福利厚生などの待遇面が改善することもあるでしょう。

だから、20代で転職すると、今、そして将来の待遇が良くなる可能性があるのです。

人間関係を一新できる

20代で転職するメリットの4つ目は、人間関係を一新できることです。

職場の人間関係が良いかどうかは、仕事をしていく上で非常に重要なポイントです。

特に、20代の若手社員が先輩や上司との人間関係がこじれてしまうと、仕事を教えてもらえない、フォローしてもらえないなどの問題が生じてしまいます。

人間関係は一度こじれると元に戻ることはありません。

元に戻ったように見えても、それは表面上だけで、心の奥ではモヤモヤが残っていたり、黒い感情が渦巻いていることが多いんです。

その中でずっと働いていくのは精神的なストレスが大きいですし、良い仕事はできません。

でも、転職してしまえば、人間関係を一新することができます。

新しい人間関係をまた一から築いていくことができるのは、大きなメリットだと思います。

転職するメリットがデメリットを上回るなら20代は転職すべき

転職するデメリットとメリットを比べてみて、「メリットの方が大きい」、「デメリットをメリットが上回る」と感じたら、20代の今のうちに転職しましょう。

転職するデメリットとメリットを比べて、メリットに魅力を感じたなら、あなたは転職すべき状況にいると言えるのです。

先ほども言いましたが、転職するなら、20代の時にしておくべきです。

30代になってしまったら、転職が難しくなります。

30代になってから後悔するよりも、20代の今、転職すべきです。

転職するメリットが大きいなら転職エージェントを利用しよう

転職するメリットがデメリットよりも大きいと感じた20代の人は、転職エージェントを利用して転職することをおすすめします。

先ほど転職するデメリットとその軽減方法を説明しましたが、デメリットの軽減方法を確実に実行するためには、転職エージェントの力が必要なんです。

自分でその企業の評価システムを調べたり、隠れブラック企業ではないかを調べるには限界がありますよね。

でも、転職エージェントに頼れば、細かい部分まできちんと調べてくれますから、転職するデメリットを確実に少なくすることができます。

そうすれば、デメリットはほぼなくなるのですから、転職するメリットしか残っていないことになりますよね。

もちろん、転職エージェントは未経験の業種・職種の求人や待遇面の改善が期待できる求人を紹介してくれますので、確実に転職を成功させることができるんです。

それぞれの転職エージェントについて詳しくは、『20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方』にてご覧頂けます。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる