薬剤師が未経験の業種への転職を成功させる方法

あなたは、現在の仕事が自分の天職であると断言できますか?

薬剤師が活躍する仕事は、多岐に渡ります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業。

医療の現場で患者さんと接する仕事から、専門知識をベースとして研究や開発に活かす仕事など、その活躍の場は様々です。

 

自分が選択しなかった職種について、もしあちらの仕事を選んでいたら自分はどうだったろう、もしかしたら、あちらの仕事の方が自分には向いているんじゃないか・・・。

そんな風にあれやこれやと思いをめぐらしてしまうことはありませんか?

 

もし、あなたが未経験の業界に憧れにも似た気持ちを感じたり、今の業界の仕事を続けることに、もやもやした気持ちを感じることがあるのだとしたら、ぜひこの記事を読んでいただきたいです。

 

あなたの中には、現在の仕事を続けることが、自分自身のベストではないかもしれない、という迷いがあります。

 

高齢者に対して、人生で一番、最も悔いがあることは何かという質問をした調査で、最も多く寄せられた回答を知っていますか?

それは、「チャレンジしなかったこと」だそうです。

年を重ねた未来の自分に、「あの時、チャレンジしておけばよかったなぁ・・・。」なんて、淋しい後悔をさせないためにも、あなたは、自分自身を納得させる必要があります。

今の仕事こそ、生涯、自分を捧げるのにふさわしい仕事なのか。

それとも、そうでないのか。

 

もしも、あなたの目に、現在とは別の業界の仕事が魅力的に映っているのであれば、思い切ってチャレンジしてみることを本気で考えてみた方がいいかもしれません。

あなたの前には、「未経験の壁」が立ちはだかることでしょう。未知の業界へ飛び込むことへの恐れ、新しい業界で上手くやっていけるかどうかという不安、身につけなければいけない新しい能力。そして、そもそも採用試験に受かるのかという疑問・・・。

未経験の業種へのチャレンジには、同じ業界への転職よりも勇気が必要です。

でも、だからといってあきらめる必要はありません。勇気を出した先には、あなたの可能性を無限に広げる新しい仕事が待っています。

 

この記事では、あなたが未経験の業界へ転職できるか、そしてどうすれば他業種への転職を成功させることができるのかについて説明します。

未来のあなたが後悔するのを避けたいのであれば、ぜひこの記事を最後まで目を通してくださいね。

未経験で転職して人生が変わった薬剤師たち

一つの仕事に長く身を捧げて専門性を深めていくことは、素晴らしいことです。

 

でも、ちょっと待ってください。

別の仕事を経験したからこそ、できることもあると思いませんか?

それにもしかしたら、あなたには違う業種の方に適性があり、業種を変えることでよりいっそう能力を発揮することができるかもしれません。

もしそうなら、あなたは業種をチェンジすることで、今以上に仕事にやりがいを感じる日々を送り、知識と経験を深めて、薬剤師としてのステージを一段も二段も登ることができるかもしれません。

 

さて、調剤薬局で働いている方に質問です。今の職場の人間関係に不満はありませんか?

閉鎖的な空間で、限られた人間とだけ、毎日顔を突き合わせていると、息苦しさを感じることもあるかと思います。

狭い人間関係に嫌気を感じているようであれば、企業への転職を考えてみることも良いのではないでしょうか?

企業では、同じオフィス内にたくさんの人がいます。

あなたと合う人もいれば、合わない人もいて、いろいろでしょうが、風通しは確実に良くなります。

 

次に、企業で働いている方に質問です。毎日の仕事にやりがいを感じられていますか?

事務的な業務や営業活動に追われ、なんで自分は薬剤師になったんだっけ、と疑問を感じることはありませんか?

取引先の医師や薬剤師から、「あなた、現場のことを何もわかっていないね」と言われ、ショックを受けたことはありませんか?

 

薬剤師として現場に立ってみることを考えてみてはいかがでしょう。

患者さんから直接かけていただく、ありがとうという感謝の言葉は最高ですよ。

薬剤師としての自分の存在意義を深く感じることができる瞬間です。

 

いやいや、私は今の職場に大満足、仕事もこの仕事こそ自分が生涯をかけるのに一番ふさわしいと思っているよ、という方。

良かったですね!あなたはかなり幸運な方です。

現在の職場で存分に能力を発揮してくださいね。

 

そうではなかった方。ちょっとでも不満や悩みがあり、他の未経験の業種が気になっているのであれば、人生を変えるチャンスです。

薬剤師の転職は30代、40代でも全く遅くありません。

ましては20代であれば完全にノープロブレムです。

 

未経験の世界に転職することで人生の転機を迎え幸せになった薬剤師は数知れず

ここで、未経験の業界への転職が転機となり、人生がよりいっそう輝くものになったと感じている薬剤師の転職例を紹介しますね。

調剤薬局から未経験のドラッグスアへ転職

医療モールの調剤薬局で勤務していた30代男性Aさん。

仕事を通じてセルフメディケーションに強い興味を持つようになりましたが、調剤薬局では一般用医薬品や健康食品の取り扱い数に限界があるため、ドラッグストアへの転職を決めました。

未経験の業界にもかかわらず、Aさんは前職の経歴を高く評価され、年収が10%以上アップ!Aさんにとっては、嬉しい誤算となりました。

Aさんは、医療用医薬品を熟知しており、ドラッグストアで販売している薬の話にとどまらず、病院での治療も含めた包括的なアドバイスができるため、お客さんの間でも評判が良く、今ではAさんへの健康相談を目的として訪れるリピーターさんも多数。

ちょっと調子がおかしいなと感じる時はまずAさんに相談してみよう、とお客さんから頼りにされている様子です。

Aさんの健康相談の評判はほどなくして本部にも伝わり、Aさんは新しいプロジェクトを担当するメンバーに選ばれました。

新プロジェクトの内容は、ドラッグストア内で検査キットを使って自己採血し、健康相談を行うというもの。

Aさんは、新プロジェクトを通じてセルフメディケーションから一歩進んだ、病気になる前に防ぐという予防医療の実践を目指しています。

調剤薬局にいた頃よりも、普段の生活に近い立場から健康に貢献することができる仕事であり、Aさんは毎日の業務に非常にやりがいを感じているそうです。

 

ドラッグストアから未経験の調剤薬局へ転職

ドラッグストアで働いていた20代女性のBさん。開局時間が遅いので朝はゆっくりめに出勤できることは良かったのですが、夜は閉局時間が遅いため、帰宅は深夜になることも。

また、日曜、祝日は基本的に出勤しなければならないので、友達と旅行に行きたくても、休みが合わずにかなわないという状況でした。

もっとプライベートを充実させたいという願いを胸に、Bさんは調剤薬局に転職しました。

転職後、Bさんは生活が劇的に変化したと感じています。

18時半には薬局が閉まるので、勤務後には友達と待ち合わせて、飲みに行くこともしばしば。

週に2回、スポーツクラブにも通い始めました。

日曜・祝日は定休日なので、ハッピーマンデーは必ず連休。

GW、夏季休暇、シルバーウィーク、年末年始休暇と、今まではなかなかとれなかった連休が年に何度も取れるようになりました。

Bさんは、次の連休は海外旅行を計画しており、それをモチベーションに業務に励んでいるとのことです。

 

調剤薬局から未経験の病院へ転職

調剤薬局で働いていた20代女性のCさん。調剤薬局では、在宅業務も担当していたそうです。

患者さんの自宅を訪れて服薬指導を行う際には、患者さんのご家族から入院時に受けていた治療について質問を受けることが多かったとか。

Cさんは、病院での専門的な治療について知識が不足していることを痛感させられたそうです。

Cさんは薬剤師としてのスキルアップを目指して、総合病院へ転職しました。

病院に転職してCさんが強く感じたことは、調剤薬局でしていた仕事は薬剤師の業務の一部でしかなかったということです。

最初は参加させてもらえなかったカンファレンスにも、今では参加できるようになり、Cさんは、医師やナースとともに、医療チームの一員として患者さんの治療に臨む病院薬剤師の仕事を誇りに感じているとのことです。

また、Cさんの病院では、地域の調剤薬局とスムーズな連携をとれるようディスカッションを重ねており、Cさんの調剤薬局での経験が生きることも。

Cさんは病院で勤務するようになって薬剤師の仕事の奥深さを改めて知り、今後さらに専門性を高めるため、がん専門薬剤師の資格の取得を目指しているそうです。

 

調剤薬局から未経験の企業へ転職

調剤薬局で管理薬剤師として働いていた30代女性のDさん。

Dさんには小学生の息子さんがいます。

息子さんの学校行事や部活の関係で、土曜日に休みたいと思うことも多かったそうですが、Dさんの薬局は土曜日も開局しており、他の薬剤師にもお子さんがいるため、なかなか希望する日にお休みをとれずにいました。

Dさんは医薬品卸の管理薬剤師に転職しました。

転職後は、土日祝日は定休、勤務は9時から17時まで。

毎週土日に休めるうえ、定時にほとんど帰れる生活となりました。

帰宅時間が早いので、家庭での時間の余裕ができ、慌ただしかった平日の夜でも、Dさんは息子さんの話をゆっくり聞く時間を持てるようになりました。

また、土日が定休となったおかげで、誰に気兼ねすることなく、学校行事や部活の試合の応援に行けるようになりました。

調剤薬局で勤めていた頃は、別に応援に来なくても大丈夫だよ、と言っていた息子さんも、嬉しそうにしているとか。

Dさんは、子供の成長は早く、一緒に過ごせる時間は限られているので、今の時期を大切にしたいと考えており、転職したことで、以前より家庭の時間を持てるようになって良かったと感じているそうです。

 

病院から未経験の調剤薬局へ転職

病院で勤務していた40代女性のEさん。病院での勤務は体力的にきついと感じることがあったそうです。

Fさんが特にきついと感じるのは夜勤でした。

調剤薬局に転職後は、夜勤がなくなったので、体力的にはだいぶラクになったとのこと。

また、病院では土日の日直があり、休みも不定期でしたが、調剤薬局では休みとなる曜日が固定されているので、数か月先のスケジュールも立てやすくなったそうです。

Fさんは、調剤薬局に転職したことで、オンとオフにメリハリがつくようになったと感じています。

病院で長年の経験があるFさんは、その豊富な知識から薬局のスタッフからも一目置かれる存在に。現在は指導薬剤師の資格をとり、教育担当として活躍しています。

 

未経験でも業種を跨いだ転職で年収が上がるケースも

薬剤師の給与は業種ごとに相場が異なります。

そのため、あなたがたとえ未経験だったとしても、賃金の高い業界へと転職すれば、年収を大きくアップさせることが可能です。

未経験でも、場合によっては年収が100万円近くアップするケースもあります。

もし、あなたが現在の給与に少なからず不満を持っていて、てっとり早く年収を上げたいと思っているのなら、給与の高い業界へ転職することを強くおすすめします。

高い給与がもらえるのに、今の職場に留まり、給与の低い業界で働き続けることは、ジリジリと損を増やしていくにほかなりません。

このまま何もしないでいると、あなたが生涯に獲得できる報酬の総額が大幅に下がってしまう可能性があります。

一説によれば、老後に必要な貯金額は、3000万円とか。

いざという時になって焦ることにならないように早めに手をうちましょう。

 

ここまで読んで、損するのはイヤ!お給料は高い方がいいに決まってる!だけど、そもそも自分のお給料のレベルもよく分からない・・・と思った方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

→「薬剤師の年収データはあくまでも目安、もっと上を目指そう

薬剤師の年収が業界によってどのように違うのか詳しく知ることができます。

年収100万円アップを簡単に達成できる方法も紹介していますよ!

 

薬剤師の前に立ちはだかる「未経験の壁」

あなたが新たな業界へ転職しようとする時に、あなたの前に立ちはがかる障害、「未経験の壁」。

業界のことをよく知らないがために、転職後に働いている自分のイメージを具体的に描けないということも、「未経験の壁」の一つですよね。

いざ転職してしまった後に、「こんな仕事とは知らなかった、しまった、この転職は失敗だった!」なんて青くなることがないように、新しい業界については、事前に詳しく知っておく必要があります。

 

薬剤師が働く業界は、大きく分けると、調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業の4つです。

あなたが自分の働いている姿をイメージしやすいように、ここでは、各業界でメインとなる業務内容と、その業種への転職で「未経験の壁

になることについて説明します。

 

それぞれの業種の「未経験の壁」

調剤薬局の「未経験の壁」

調剤薬局の薬剤師のメインとなる仕事は、調剤と服薬指導業務です。

患者さんが医師から発行された処方せんに従って、調剤室内でお薬を調剤します。

患者さんにお薬を交付する前に、は、既往歴や相互作用等の患者さんの情報を確認し、処方内容に問題がないかチェックし、疑義が生じた場合は医師に照会して、問題を解消します。

また、患者さんにお薬を交付する時には、患者さんにお薬の効果や飲み方を説明し、患者さんが処方通りに服用できているかどうか服用状況を継続的に確認します。

服薬指導後は経緯や指導内容、次回の確認事項等を薬歴簿に記載します。

薬局によっては、老健施設の調剤や、在宅指導業務を担当している場合もあります。

 

この業種への転職で「未経験の壁」となるのは、医療用医薬品についての知識、散剤や液剤等の調剤手技、関連する法についての知識です。

 

ドラッグストアの「未経験の壁」

ドラッグストアの薬剤師のメインとなる仕事は、一般用医薬品を買い求めに来たお客さまへの対応です。

症状や既往歴、現在服用しているお薬などの必要事項をお客さまから聞き取りし、適切なお薬を提示して、服薬指導を行います。

特に、要指導薬、第一類医薬品は、薬剤師が書面を用いて指導・確認を行わなければ販売できないので、薬剤師が担当することになります。

お客さまの症状が重篤なものであれば、販売を断り、受診を勧めなければいけませんので、お客さまの状態を見極めることは特に重要な仕事です。

医薬品の販売以外にも、サプリメントや健康食品、日用品の販売や健康相談も行います。

調剤薬局を併設するドラッグストアでは、調剤薬局と同じ業務も発生します。

 

この業種への転職で「未経験の壁」となるのは、一般用医薬品についての知識、サプリメントや健康食品の知識、関連する法についての知識です。

 

病院の「未経験の壁」

病院の薬剤師のメインの業務は、来院した患者さんへのお薬の交付、病棟へ入院した患者さんへの対応、そして院内の医薬品の管理です。

医師の指示に従って調剤、監査および服薬指導を行うという点では、調剤薬局と同じですが、より専門的な、医師の指導の元でなければ使用できない医薬品も取り扱うことになります。

麻薬や覚せい剤原料など特別な管理が必要となる医薬品の取扱い量も、調剤薬局に比べると格段に多いので、院内のお薬を法令にのっとって適切に管理することも重要な仕事です。

調剤では、散剤や液剤の調合以外にも、注射薬や点滴の無菌調剤室での調合や血液製剤の投与準備も行います。

医師、ナース、臨床検査技師、事務など、病院内の他の職種と適切な連携をとり、チームで医療を進めます。

 

この業種への転職で「未経験の壁」となるのは、医薬品と治療計画についての総合的な知識、注射剤も含めた調剤手技、医師やナースなど他の職種との連携能力、関連する法についての知識です。

 

企業の「未経験の壁」

企業の薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、大きく2つの系統に分かれます。

1つは薬剤師免許を使用する職務、もう1つは薬剤師免許を直接使用しない職務です。

薬剤師免許を使用する職務の代表は、管理薬剤師です。製薬会社の工場や支部、卸売り販売業者の支店、倉庫など、医薬品が存在するところには、必ず医薬品の管理者として薬剤師を配置することが義務づけられています。

管理薬剤師のメインの業務は、医薬品が定められた法令を遵守して適切に管理、販売されているかチェックし、指導を行うことです。

また、保健所等、各種行政への手続きを担当し、行政の立ち入り検査時には現場の責任者として先頭に立って対応します。

 

この業種への転職で「未経験の壁」となるのは、Word、Excel等、パソコンを使用する基本的な能力、関連する法についての知識、現場や行政との調整能力です。

 

 

薬剤師免許を直接使用しない職務としては、研究・開発・DI・MR・MS・治験コーディネーターなどがあげられます。

 

研究は、新しい医薬品を生み出すために、分析、合成、精製等を行い、効果や安全性についての検証を重ねます。

開発は、研究からの成果を引き継ぎ、更に一歩進めて、臨床試験によって医薬品の効果や副作用を確認し、厚生労働省からの承認を得るための手続きを行います。

DIは、医薬品の情報を収集し、医療従事者や患者さんからの問い合わせに対応するほか、研修会を開催して医薬品が適正に使用されるよう知識を広める業務を担当します。

MR・MSは医療の現場へ医薬品を供給するとともに、情報提供を行います。

治験コーディネーターは、治験の際に企業から院内へ出向いて、患者さんに説明を行って同意を得たり、治験の進行状況をチェックしたり、医師のデータ作成の補助を行います。

 

この業種への転職で「未経験の壁」となるのは、パワーポイント、文献検索など専門的なソフトも使用できるパソコン能力、医薬品についての高度な知識、関連する法についての知識です。

研究では実験手技、研究・開発・DIでは英語が問題なく使えるかどうかも壁のひとつとなります。

また、MR・MSは運転免許が必須です。

 

隣の芝生は青い

人生において、仕事が占める割合というものは、大変大きいものです。

隣の芝生は青く見えるといいますが、自分と違う業界の仕事が魅力的に見えてしまうのも、自然な気持ちの流れでしょう。

しかし、「未経験の壁」にいきなり一人で挑むのは、あまりにも無謀です。

新しい業界への情報も不足していますし、採用試験にパスするためのノウハウも必要です。

あなた一人ではせっかくのチャレンジが失敗に終わる可能性があります。

 

ここで、目を凝らして、壁をじっくり観察してみましょう。

よく見ると、壁には何箇か門がついています。

 

あなたは、一人で苦労して壁超えに挑む必要がないことに気づくことでしょう。

そう、壁の向こう側のことをよく知っている門番に協力をお願いし、門から中に入れば良いのです。

 

さて、ここでいう門とは一体何でしょうか?

それは・・・

「薬剤師転職サイト」です。

 

薬剤師転職サイトのコンサルタントは、薬剤師が働くあらゆる業界について熟知しており、経験者の転職はもちろん、未経験の転職サポート経験も多数持っています。

いわば壁の向こう側への橋渡しのプロ

コンサルタントのサポートを受けることができれば、あなたの悩みは一発で解決です。

もう一人で、どう壁を越えようか悩む必要はありません。

薬剤師転職サイトについては、詳しく最後に説明しますね。

 

薬剤師が未経験でも転職しやすい職場とは

薬剤師の転職が、他の方の転職と異なる点は、国家資格を持っているということに尽きます。

医薬品あるところ、必ず薬剤師あり。薬剤師がいないと、医薬品を販売したり、医薬品を在庫しても良いという認可がおりません。

そのため、薬剤師を必要としている職場は全国に数多く存在し、薬剤師は未経験でも転職しやすい立場にあります。

 

ただし、中には転職が成立しにくい業界もあります。

 

あなたが、未経験で転職しやすい業界と、未経験では転職しづらい業界を感覚的に理解できるように、転職難易度ランクを紹介します。

転職難易度ランクはAからCまでの3ランクあり、Aが難しく、Cが容易を意味します。

さて、あなたが魅力を感じている業界の難易度ランクはどうでしょうか?

 

未経験で転職しやすい業界

ドラッグストア:未経験転職難易度ランクC

ドラックストアは開局時間が長時間にわたり、土曜、日曜、祝日の営業は当たり前、店舗によっては365日営業しているところも珍しくありません。

少数の薬剤師を確保しただけではシフトを組むことがままならないうえ、大規模チェーン展開している企業が多いため店舗数が多いので、他の業界に比べてかなり多くの求人が出ています。

薬剤師からの人気も少ない業界なので、非常に転職しやすくなっています。

また、取り扱う医薬品も一般用医薬品で種類が限られたものとなり、調剤手技をほとんど必要としないので、未経験でも業務に慣れやすいといえます。

 

調剤薬局:未経験転職難易度ランクC

調剤薬局も求人数が多く、人手が不足している業界です。

また、最近は、在宅への対応を開始する薬局が増えており、在宅へ外出する薬剤師と、薬局内で業務を行う薬剤師、その両方の人員を確保する必要ができ、新たな募集が生まれています。

調剤手技が必要となりますが、大部分が計数調剤で粉や液剤を調合する件数が少ない薬局も多いため、転職活動をする際にそのような薬局を選ぶと、より転職しやすくなります。

 

慢性期病院:未経験転職難易度ランクB

慢性期病院では、処方にある程度パターンがあり、また急性期病院に比べてスタッフへの教育時間が確保しやすい環境にあるため、比較的転職しやすいといえます。

また、病院が未経験でも、調剤薬局で経験がある方は業務に共通点が多いので、転職しやすくなります。

 

治験コーディネーター:未経験転職難易度ランクB

治験コーディネーターは、患者さんと接する仕事なので、調剤薬局や病院、ドラッグストアでの接客経験があれば、未経験でも転職しやすい職種です。

また、企業の他職種から転職する場合も、PCでの書類作成能力や、医師との対話経験を生かすことができるため、転職しやすいといえます。

 

企業の管理薬剤師:未経験転職難易度ランクB~A

製薬企業や医薬品卸の管理薬剤師は、もちろん薬剤師としての業務も行いますが、それは勤務時間のうちの一部です。

ほとんどの場合、電話対応、書類作成や営業補助などの事務的な業務を兼任します。

専門的な業務を行う時間ばかりではないため、未経験でも転職しやすくなります。

また、企業側が切迫した状況、たとえば後任の薬剤師が見つからないと業務ができないので、とにかく薬剤師を確保したいという状況で求人を出していることがあるため、未経験でも比較的採用されやすくなっています。

しかし、ポジションが空かない限り求人が発生しないため、求人数は非常に少なく、求人を見つけられるかどうかが一番の問題となります。

 

未経験で転職しにくい職場

研究・開発職:未経験転職難易度ランクA

研究・開発業務への転職は、未経験では非常に困難です。

どちらも、高度な専門知識が必要であり、特に研究職は熟練した実験手技を持っている必要があります。

求人数も少ない上、修士・博士課程を修了していることや、TOEICの点数基準をクリアしていることを応募条件としていることも多く、未経験では転職に向かない業種です。

 

急性期病院・救急病院:未経験転職難易度ランクA

急性期の病院、救急病院では、スピーディーかつ正確で適切な対応が求められます。

医師の指示から速やかに薬剤を調剤し、必要な知識をその場で活用できる能力がないと、患者さんの治療に支障をきたす恐れがあります。

未経験者が手順を確認したり、調べものをするのを待っている時間的余裕はありませんし、取り扱う医薬品の種類も多岐に渡ります。

即戦力にならない未経験者が転職するのは難しい状況にあるといえます。

 

大学病院・国立病院:未経験転職難易度ランクA

大学病院、国立病院は新卒時で入るケースがほとんどです。

特に、病院での経験もなしに、採用されることはまずないでしょう。

 

ただし、これはあくまでも傾向

ここまでに、転職しにくい職場として説明した職場でも、未経験で転職できる可能性はゼロではありません。

例えば、未経験で、研究・開発職の正社員をいきなり目指すことは、まず無理です。

しかし、派遣スタッフの一人として、簡単な分析業務だけ担当するということであれば、未経験でも転職可能な求人を見つけることができます。

派遣スタッフで仕事を始めて、その後、分析業務の経験を積み、しっかりとした仕事ぶりが派遣先から認められて契約社員に昇格できたというケースも珍しくありません。

 

どうしてもつきたい希望の職種がある場合は、まずは、派遣やパートで、未経験でも受け入れてくれる業務を探すことをおススメします。

とにかく、その業界に入って経験を積むということを第一に考えてください。

数年間、その業務をしっかり行えば、あなたは、もう未経験者ではありません。立派な経験者です。

経験者として求人に応募できるようになるので、以前は転職が難しかった業界へも、容易に転職できるようになります。

 

あなた個別のケースについて、未経験でも転職できるか、また、希望職種につくためにはどのようなキャリアプランを計画したら良いかについて、詳しく知りたい方は、薬剤師転職サイトに登録してみましょう。

専任のコンサルタントがあなたの今までのキャリアの棚卸しをして、今後のキャリアプランについてアドバイスしてくれます。

あなたが希望すれば、現在ストックしている求人の状況を教えてもらうことも可能です。

 

未経験の壁を越えるときは転職サイトに相談

未経験の壁を超えるためには、とにかく情報収集が大事

「未経験の壁」を超えるためには、情報収集が重要なカギとなります。

業界についてよく知ることは、あなたにとって必ず大きなメリットとなります。

 

業界についての知識がないと、まず、最初の求人を探す段階で、条件の良い求人を見つけることが難しくなります。

例えば、お給料。相場より高いのか、低いのか分からなければ、判断できませんよね。

業界のことをよく知らなかったがために、こんなものかなと思って契約したら、とんでもなく相場より低い給与で、大失敗だったというケースもあります。

 

また、情報収集が十分であれば、採用時の面接も優位に進めることができます。

面接官に、未経験なのによく勉強してきている、本気でこの業界で頑張りたいという意気込みが感じられると思わせることができれば、しめたものです。

逆に、どんな仕事か理解せずに面接に来たのか、この人と一緒に仕事することに不安を感じるな、と思われてしまっては、不採用となる可能性が。

もし、無事に採用に至ったとしても、給与は最低水準で十分と評価されてしまうこともあります。

 

情報収集が大事と言われても、あなた一人で収集できる情報は、せいぜいインターネットで口コミや企業情報を探すか、知人に話を聞く程度しか思いつかないかもしれません。

また、情報収集には、時間と労力も要します。

あなたがせっかくの休日をつぶしてかき集めた情報は、はたして本当に役に立つでしょうか?

 

情報は、生きた現場をよく知っている人から、広く、深く、そして高い鮮度で仕入れないと、意味がありません。

 

転職紹介サイトのコンサルトは、未経験者の転職も数多く取り扱った経験もあり、転職者がその後定着できているかについてもフォローしているので、広く、深く、そして鮮度の高い情報を多数持っています。

 

未経験でも採用試験がパスできるノウハウがある!

転職紹介サイトのコンサルタントは、採用試験をパスするための多種多様なノウハウを持っています。

過去に、どのような応募者が採用試験を通過したか、また現在働いている方にはどのような方が多いか、様々な情報を持っているので、適切なアドバイスを受けることができます。

 

未経験者が転職する際には、面接時に、必ず「なぜ未経験の仕事に応募したのか」、「未経験のあなたがわが社に何を提供してくれるのか」という点は、必ず突っ込まれます。

 

そのことを見越した上で応募書類を作成して、面接時の質問を想定しておかないと、せっかく応募しても、面接でボロボロ、受かる可能性を台無しにしてしまうこともあります。

 

転職紹介サイトのコンサルタントは、求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策も行ってくれます。

未経験であることをマイナス面にするどころか、プラスに見せることができるテクニックについても指導してくれますので、面接前にばっちり作戦を練ることができます。

面接の出来次第では、年収アップも狙えることもあります。

 

それでも、あなたが転職紹介サイトの利用をためらう理由はこれ?

あなたが転職紹介サイトを使うことに、まだ抵抗を感じる理由は何でしょうか。

料金ですか?

それとも、まだ転職の決意が固まったわけでもないのに、登録することが不安?

 

大丈夫、料金についての心配はご無用です!転職紹介サイトは、利用料がかかりません。

いろんなものが値上げしているこの時代に、なんと利用料無料

そして、あなたは転職の決意が固まるまで登録を控える必要はありません。

漠然と他の業界に移りたいけど、どこが向いてるかなぁと考えている段階であったとしても、コンサルタントはあなたのキャリアプランについて相談に乗ってくれます。

コンサルタントに相談した結果、やっぱり今の職場で続けていこうという結論に達した場合は、コンサルタントにそのことを話すことで、支援は終了となります。

転職したくないのに、無理やり転職させられちゃう心配はありません

ですから、とりあえず他の業界のことをよく知りたい、よく検討してから転職するか決めたいと思っている方でも、気軽に登録して転職サイトを活用することが可能です。

どうですか?

活用しないともったいないと思いませんか?

 

転職はゴールじゃない!ゴールは転職してからその先だ!

未経験の業界への転職は、どんな業界でも、転職してからが大変です。

あなたは、新しい業界の常識を覚え、新しい人間関係を築き、知識を深めて、仕事を問題なくこなせるようになるまで、しばらく頑張らなければいけません。

「未経験の壁」は超えるよりも、超えた後が重要です。転職してからが本番なのです。

 

貴重な時間を情報収集のためにたっぷり浪費し、それとは知らずに未経験で採用の難しい求人にばかり応募して、不採用通知の山を築き、その度に履歴書や職務経験書を作り直し・・・。

もし、そんな転職活動を長期間続けたとしたら、どうでしょうか。

想像してみただけで、もうクタクタ。イヤになっちゃいますよね。

そんな状態では、転職してから頑張るどころではありません。

 

あなたが未経験の業界に飛び込むなら、本当に力を入れるべきは、未経験の業種への検討でも、採用試験でもなく、入職してからなのです。

それまでにかかる手間や時間はなるべく省エネにしておいた方がいいでしょう。

 

転職紹介サイトのコンサルタントにお願いすれば、あなた専用に厳選された求人だけを紹介してもらうことが可能です。

応募しても不採用の可能性が極めて高い求人には、最初から応募しないことも手なのです。

無駄な労力をかけずに、適切な求人に最短距離でたどりつく。

そんな要領の良さも、転職活動では重要です。

あなたの力は、転職後のために温存しておきましょう。

 

今こそ、未経験の業界への転職について本気で考えよう

隣の芝生は青いと嘆き続けることで、あなたが失い続けるもの。

それは、時間です。

あなたの人生の時間は有限です。

他の業界の方がよさそう、自分はそっちの方が向いてるんじゃないか?

そんなことを繰り返し考えて、どっちつかずの宙ぶらりんな気持ちを続けることは、時間の無駄です。

あなたの時間はもっと有益なこと、楽しいことに使うべきです。

これからは、そんなことに時間を使うより、もっと建設的に物事を考えましょう。

 

本当に隣の芝生の方が青いなら、さっさとその芝生を手に入れてしまおう

そう考えれば良いのです。

逆に、気のせいだった、自分の芝生の方が良いという結論が出たら、もう今後は芝生のことなど忘れてしまえば良いのです。

 

そうです、ここらで、本気で未経験の業種へチェレンジについて考えて、はっきりさせてしまいましょう。

 

あなたが、本気で、未経験の業種へのチャレンジについて考えた結果、現在の職務こそ自分の転職であるという結論が出れば、それは大変幸せなことです。

もう迷うこともありません。

安心して現在の仕事に集中することができますね。

 

本気で検討した結果、やっぱり他の職種につきたいと思った。その場合は、すぐに行動を起こす必要があります。

 

未経験の職種への転職はとにかく早いにこしたことはありません。

なるべく早く転職した方があなたのためです。

年をとればとるほど、あなたの適応能力は落ちてしまいます。

これから先、あなた自身がもっとも適応能力が高い時期、それは今をおいてはありません

今回のチャンスを逃し、もし3年後に転職することになった場合、あなたの前に立ち塞がる「未経験の壁」は今よりずっと高くなります。

今、チャレンジした方が、新しい業界にずっとラクになじむことができます。

それに、あなたが去る業界よりも、これから過ごす新しい業界での時間の方が大切ですよね。

早く転職すればそれだけたくさんの経験を新しい業界で積むことができます。

その方が、あなたのキャリアを存分に伸ばすことができるでしょう。

躊躇しているヒマはありませんね。

 

スムーズに未経験の業界へ転職するためには、まず転職紹介サイトへ登録

転職紹介サイトのコンサルタントは、あなたが未経験の業種へのチャレンジするにあたって、数々のサポートを行ってくれます。

あなたはまず、業界についての情報をもらい、自分が転職すべきかどうか判断する材料を得ることができるでしょう。

そして、あなたが希望すれば、コンサルタントはピッタリの求人を紹介してくれ、未経験の業界へ問題なく転職できるよう支援してくれます。

未経験の業界へのスムーズな転職を実現するためにも、上手に転職紹介サイトを活用しましょう。

あなたが思っているよりも、「未経験の壁」を超えることは難しくありません。

さあ、門を通って、新しい人生の一歩を踏み出しましょう。

チャレンジしたおかげで素晴らしい仕事を得た、といえる未来があなたを待っていますよ。