現場勤務に転職する20代に必要なスキルと注意点、採用試験のポイント

現場勤務に転職する20代に必要なスキルと注意点、採用試験のポイント

現場勤務がしたいから転職したいという20代は少なくないと思います。

本社の管理部門には興味がない。とにかくずっと現場で顧客と接しながら働きたいから転職する人は、ずっと現場で勤務するためには、「この人を現場から異動させるのは惜しい」と思われるようなスキルを身につけていかなくてはいけません。

現場勤務を望んで転職する20代の人は、現場勤務への熱意をアピールし、採用後も現場勤務に必要なスキルを身につける努力をしていく必要があります。

現場勤務に転職したいなら20代は採用されやすい

現場勤務に転職したいなら20代は採用されやすい

現場勤務を望んで転職することは、20代ならさほど難しいことではありません。

なぜなら、20代は現場勤務の求人に採用されやすいからです。

現場勤務がある企業の中には、「20~30代は現場で勤務させて、経験を積ませてから、本社で管理部門に異動させる」という方針のところがあるからです。

さらに、現場勤務の場合、20代でも30代でもやるべき仕事、求められる仕事はさほど差がないので、給料を安く抑えられて、長く働いてくれる可能性が高い20代を積極的に採用することが多いんです。

だから、現場勤務をしたいから転職したい20代は大チャンスです!

むしろ、20代の今、転職せずに現場勤務を逃したら、一生現場勤務になることはないでしょう。

だから、現場勤務に興味がある20代は、今転職すべきなのです。

現場勤務に転職したい20代に必要なスキル

現場勤務に転職したい20代に必要なスキル

20代が転職して現場勤務になることは、さほど難しいことではありません。

ただ、ずっと現場勤務でいることは、簡単なことではありません。

なぜなら、先ほども説明したように、「若い時は現場で経験を積ませて、それからは本社の管理部門でデスクワークをするという人事制度を打ち出している企業も多いからです。

また、現場重視でも、ずっと現場勤務でいられるとは限りません。

医療や介護業界なら、自分で希望すれば、現場にいられることが多いですし、たとえ管理職になっても、患者や利用者と接することはできます。

でも、飲食業やホテル・旅行業界、物販店などでは、本社勤務を命じられてしまうと、顧客と接する機会はほぼなくなりますし、異動を拒否したら、現場ではなく、しかも出世コースとは程遠い部署に左遷させられるでしょう。

もしあなたが、ずっと現場で働きたい。デスクワークよりも、直に顧客と接しながら働きたいと思っているなら、現場にいられるスキルを身につけておかなくてはいけません。

具体的には、現場で売り上げに貢献することですね。

ほかの社員以上に現場でその店舗の売り上げに貢献し、常に結果を出し続けることが重要です。

「あなたを本社に異動させてしまったら、一気に売り上げが低下するかもしれない。現場で働いてもらったほうが会社への貢献度は大きい。」と思わせるだけのスキルです。

具体的には、次のようなスキルが求められます。

  • 顧客とコミュニケーションを取り、顧客のニーズを的確につかむ
  • ニーズを店舗の商品やサービスに反映し、リピーターを生み出す
  • 現場で受けたクレームをすぐに店舗の改善に活かしていく
  • バイトや新人社員と良好な関係を保ちながら、彼らを育成できる
  • バイトや新人社員のモチベーターになれる

このようなスキルを身につけて、結果を出し続けることができたら、あなたは長く現場で働いていくことができるはずです。

現場の仕事に転職できたから、そこがゴールではないんです。

そこから、ずっと現場で働いていくためには、現場全体の売り上げ結果を残し続けるスキルが必要なんですね。

現場勤務に転職したい20代の注意点

現場勤務に転職したい20代の注意点

現場勤務を希望して転職する20代の人は、現場勤務を続ける注意点を確認しておかなくてはいけません。

現場勤務だと、毎日いろいろな刺激を受け、責任は自分の店舗だけなので、伸び伸びと楽しく働くことができるというメリットがありますよね。

ただ、給料はなかなか上がらないので、その点だけは覚悟しておかなければいけません。

あなたがいくら現場で結果を出し続けても、あなたの給料は自店舗の売り上げで賄わなければならないので、給料には限界があるのです。

全国の店舗売上第1位になれば、臨時ボーナスは出るかもしれませんが、基本給が上がるわけではないので、継続的な給料アップにはつながりません。

数店舗を任されるエリアマネージャーになれば、多少は給料は上がりますが、現場からは少し遠ざかってしまいますよね。

現場勤務でいる限り、20代の時からそれほど給料アップは見込めないんです。

現場勤務に転職するために採用試験を受ける時のポイント

現場勤務に転職するために採用試験を受ける時のポイント

現場勤務を希望して転職する時には、ただ単に現場に配属になる求人を探すだけでは不十分です。

次の2つのことをやっておく必要があります。

  1. 現場勤務に対する熱意をアピールする
  2. その企業の人事制度を確認する

この2つのことをやっておけば、長く現場で働ける可能性が高くなります。

現場勤務に対する熱意をアピールする

現場勤務を希望して転職するなら、現場で働くことへの熱意をアピールしましょう。

なぜ現場で働きたいのかという志望動機を明確にし、それをアピールすることで、現場に配属される可能性が高くなりますし、配属後は異動なく、長く現場で働ける可能性が高くなります。

また、その企業の現場で求められる人材を調べて、自分はその人材になることができることをアピールするのも良いでしょう。

その企業の人事制度を確認する

現場での勤務を希望して転職する時には、その企業の人事制度も確認しておかなくてはいけません。

最初にも説明していますが、企業の中には「現場勤務は若手だけ、それ以降はデスクワーク」という人事制度を打ち出しているところがあります。

そのような人事制度の企業に転職したら、あなたがどんなに現場で結果を出し続けても、「既定路線だから」という理由で、ある年齢になったら、強制的にデスクワークの部署に異動になる可能性が高いです。

だから、結果を出して、自分自身が希望すれば、現場勤務を続けることができるのかどうか、その企業の人事制度を確認しておかなくてはいけません。

現場勤務のために転職したい20代は、転職エージェントを利用しよう

現場勤務のために転職したい20代は、転職エージェントを利用しよう

現場勤務をしたいから転職する20代は、転職エージェントを利用しましょう。

現場勤務をするためには、現場勤務に対する熱意をアピールし、さらに結果を出し続ければ現場勤務を続けられる企業に転職しなければいけません。

結果を出し続ければ、現場勤務を続けられるかどうかは、自分ではなかなか調べられませんが、転職エージェントを頼れば、40代になっても50代になっても現場勤務をしている社員がいるという実績がある企業の求人をピックアップしてくれます。

また、転職エージェントがあなたに代わって、結果を出したら、ずっと現場勤務を続けられるように、企業と交渉してくれます。

現場勤務への熱意のアピール方法のアドバイスもしてくれますので、確実に現場勤務を続けられる企業に転職することができますよ!

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる