在職期間が短い時の20代の転職は面接で退職理由を逆手にアピール!

在職期間が短い時の20代の転職は面接で退職理由を逆手にアピール!

在職期間が短いと転職する時に不利になると不安に思っている20代の人は多いですよね。

でも、在職期間が短くても大丈夫!

あなたにはそれを上回る魅力があることをアピールすれば、転職はうまくいきます!

在職期間が短くても、それを逆手に取って、あなたのアピール材料の1つにしてしまいましょう。

在職期間が短い転職を20代がする場合は上回るアピールを面接ですればOK

在職期間が短い転職を20代がする場合は上回るアピールを面接ですればOK

在職期間が短いと転職する時に不安になりますよね。

短期間で退職したこと、転職回数が多いことは、採用担当者にとっては「採用しても、またすぐに辞めて転職するかも」と思う材料になります。

だからといって、在職期間が短いから転職できない、転職は絶対に不利というわけでもないんです。

あなたが、「在職期間が短い」ということ以上に、魅力的な人材であると面接でアピールできれば、希望する企業に採用されるでしょう。

20代はもともと職務経験は短いですよね。

だから、転職する20代は仕事の実務能力や実績よりもポテンシャルや将来性を評価されるんです。

つまり、過去よりも未来を重視して採用されるかどうかが決まるということですね。

20代のうちなら、在職期間が短いことをさほど気にする必要はないんです。

それよりも、未来を見据えて、あなたがポテンシャルが高く魅力的な人材で、転職先に貢献できることを面接でアピールすべきです。

在職期間が短いことを気にするあまり、面接で短期間で退職した言い訳をグチグチ言い続けていると、面接官は逆に「在職期間が短いのは、人間的に問題があるから?」とか「言い訳ばかりで、面倒くさい奴だな」と思われて、不採用になる可能性があります。

だから、在職期間が短い20代が転職する時には、あまり在職期間が短いことを気にし過ぎずに、それを上回るアピールをすることを意識すべきなのです。

在職期間が短い転職を20代がする時の面接でのアピール方法

在職期間が短い転職を20代がする時の面接でのアピール方法

在職期間が短い20代が転職する時には、それ以上に魅力的な人材であることを面接でアピールする必要があります。

企業に貢献できる人材であることをアピールするためには、キャリアプランと経験・スキルを見つめ直し、あなたのキャリアプランを実現し、スキルや経験を活かせる企業に応募しなくてはいけません。

そうすれば、ミスマッチがなくなり、採用に大きく近づくでしょう。

ただ、さらにアピールするためには、在職期間が短いことを逆手にとる必要があります。

普通に考えれば、在職期間が短いことは不利になりますが、それをアピール材料にしてしまえば、採用はさらに近づくはずです。

  1. 反省して次は長く働くことをアピールする
  2. 現職(前職)から学びを得る
  3. 転職回数が多いなら柔軟性をアピール

反省して次は長く働くことをアピールする

在職期間が短い人、転職回数が多い人は、長く働くことを信念として、それをアピールしましょう。

「今(前)の職場では長く働くことができなかった。だから、今度は1つの職場に腰を据えて、仕事にしっかり取り組んでいきたい」とアピールすれば、在職期間が短いことを反省し、次に活かそうとする姿勢を認めてもらえます。

失敗を繰り返すのではなく、しっかり反省して、それを次に活かせる人は、優秀な証拠ですので、むしろあなたのアピール材料になるのです。

現職(前職)から学びを得る

在職期間が短い人は、現職(前職)から何か学びを得て、それを活かしましょう。

在職期間が短いということは、前の職場で何か嫌なことや不満があったんですよね?

そのネガティブなものから、学びを得ましょう。

もちろん、ネガティブなものからだけでなく、現職(前職)で経験できたことや獲得したスキルなどはあるはずです。

現職(前職)では何も得るものはなかったと思っているかもしれませんが、「何もなかった」では、面接官の印象は非常に悪くなります。

在職期間は短くても、そこから学んだこと・身につけたことがあり、それを次に生かしていく姿勢は大切です。

退職理由を問われた時には、ポジティブに現職(前職)から学んだことを交えながら答えると、前向きな姿勢を評価してもらえるはずです。

現職(前職)で学んだことがどうしても思い浮かばないという人は、「転職理由が「~が嫌だから」という20代はポジティブに変えればOK!」を参考にすると良いですよ!

転職回数が多いなら柔軟性をアピール

在職期間が短いことに加えて、転職回数が多い人は、柔軟性をアピールしましょう。

  • どんな企業でも柔軟に対応し、仕事をすることができた。
  • いろいろな企業で仕事をしたことで、広い視野を持ち、柔軟な考え方ができるようになった

このようにアピールすれば、20代なら転職回数が3回以上あったとしても、そこまでマイナスになることはないでしょう。

もちろん、今度は1つの職場で長く働くつもりであることを忘れずにアピールしてください。

退職理由は転職回数が多い20代が転職を成功させるキーポイントになる」も併せて読むことをおすすめします。

在職期間が短い転職でネチネチ言われたら辞退することも考慮して

在職期間が短い転職でネチネチ言われたら辞退することも考慮して

在職期間が短い20代が転職する際に、根掘り葉掘り面接で退職理由やなぜすぐに辞めてしまったのかを聞かれることがあると思います。

これを聞いてくる面接官は、あなたを本気で採用しようか悩んでいるケースもあります。

ただ、あなたという人材に魅力を感じず、単純に「いじわるな気持ちで圧迫面接をするだけ」というケースもあるのが現実です。

もし、必要以上に「なんでそんな短い期間で辞めちゃったの?」、「仕事を舐めてんの?」、「君の常識外れの行動で会社は多大な迷惑を被ってることをわかってる?」のようにグチグチと嫌味をまじえて質問してきたら、そういう企業はこちらからお断りしても良いと思います。

このような企業は、たとえ採用になったとしても、仕事をする上で、ミスを許さず、もしミスをしたら、ネチネチ責められ、あなた1人に責任を押し付けてくるような社風の可能性があるからです。

在職期間が短い20代が転職する時は転職エージェントを利用して

在職期間が短い20代が転職する時は転職エージェントを利用して

在職期間が短い20代が転職する時には、転職エージェントを利用して転職することをおすすめします。

在職期間が短いなら、それ以上の面接でのアピールが必要ですが、どうやってアピールすれば良いかわからない人も多いですよね。

転職エージェントはあなたがキャリアプランを見つめ直す手助けをしてくれますし、ミスマッチがない企業の求人を紹介してくれます。

また、現職(前職)ではどんな学びを得たのかなども一緒に考えてくれるので、在職期間が短くても、転職を成功させることができるはずです。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる