在職中に転職活動は無理?辛い?20代は退職後でなく今すべき理由3つ

在職中に転職活動をしたほうが良いか、退職後にしたほうが良いか迷っている20代の人は多いですよね。

「在職中に転職活動は無理だよね。」とか「在職中に転職するのは難しいでしょ」と思っている人は大きな損をしています!

在職中でも転職活動は可能です!

在職中に転職活動をするデメリットとメリットをまとめました。メリットの方が大きいと思ったら、今すぐ転職活動を始めましょう。

もし、あなたが在職中に転職活動をしようか、退職後に転職活動をしようか迷っているなら、「退職後に転職活動は不利?20代が成功するには辞めてからスピード勝負」も一緒に読んでみてくださいね。

在職中でも転職活動はできる!

「在職中に転職活動は無理だよね」と思っているあなたは、大きな間違いをしています。

在職中でも転職活動はできます。

インターネットで転職サイトやハローワークの求人を検索することは可能です。

また、求人へのエントリーはインターネット上でできますし、転職エージェントを使えば、面接の日程をあなたの希望に合わせて調整してくれます。

企業の中には在職中の転職活動をしている人には、面接を夜や週末に行ってくれるところもあるので、在職中でも転職活動をしていくことができるんです。

在職中に転職活動をすると会社にバレるかもと心配になるかもしれませんが、在職中の転職活動は違法ではありません。

就業規則で在職中の転職活動を禁じているところもあるかもしれませんが、職場にバレないように転職活動を行っていくことはできます。

在職中に転職活動をする3つのデメリットと軽減方法

在職中に転職活動をするデメリットとその軽減方法を見ていきましょう。確かに、在職中に転職活動をするデメリットはあります。

ただ、そのデメリットは軽減できて、ほとんどない状態にすることはできるんです。

  1. 時間の都合がつかず諦めなければいけないことも
  2. 本気モードで転職活動できない
  3. 退職を引き止められることも

時間の都合がつかず諦めなければいけないことも

在職中に転職活動をするのが辛い、難しいと思う理由の1つに時間の都合がつかないことがあると思います。

確かに、すべての企業が面接を夜や週末に調整してくれるわけではないので、意中の企業があっても、時間の都合がつかずに諦めなければいけないこともあるでしょう。

特に、20代は自分のペースで仕事を進めていくことができないケースが多いので、転職活動のために時間を作るのが難しいことも多いんです。

仮病や有給消化で乗り切れる

在職中に転職活動をして面接の日程調整がどうしても難しい時には、仮病やそのほかの理由で有給を使って休んでしまえば、平日に昼間に在職中でも面接を受けることができます。

有給休暇は労働者の権利ですから、転職活動のために使っても何の問題もありません。

ただ、ブラックな会社だと有給を申請しても却下されることが多いという問題はありますが。

そういう時は、仮病を使って無理やり休むしかないですね。

本気モードで転職活動できない

在職中に転職活動をするデメリットの2つ目は、本気モードで転職活動ができないことです。

在職中だと、どうしても仕事の片手間で転職活動をすることになります。

また、「万が一どこにも採用されなくても、経済的に困ることはない」という安心感、言い換えれば、自分自身への言い訳や甘えが出てきてしまうんです。

だから、本腰を入れて転職活動ができないこともあるんですね。

あなたの気持ちの持ち方次第

このデメリットは、ハッキリ言えばあなたの気持ち次第で何とでもなります。

確かに、在職中に転職活動をすると、甘えの気持ちが出てきてしまうことは多いです。

ただ、在職中でも本気で転職活動に取り組んで、希望の企業の内定をもらっている人もいます。

だから、要はあなたの気持ち次第です。

在職中でも、あなたが甘えの気持ちを捨てて、本気で転職活動に取り組めば、このデメリットはなくなるでしょう。

転職するなら、絶対に20代のうちにしておかないと後悔します。

20代なら転職しやすいですが、30代になるとそうはいきません。

だから、20代の今のうちに在職中でも本気で転職活動に取り組んで、希望の企業に転職しましょう。

退職を引き止められることも

在職中に転職活動をすると、退職を引き止められて、転職活動後の入社日の調整が難しくなることもあります。

内定をもらったら、1ヶ月後を目安に入社日の調整をします。

そのためには在職中の会社を退職しなければいけません。

民法上では2週間前に退職を伝えれば良いとしていますが、就業規則では1ヶ月前に退職を申し出なければいけないとしているところも多いですね。

そして、退職を申し出ても、上司から引き止められて、なかなか辞められないのではないかという心配も出てくると思います。

退職できなければ、内定をもらった転職先に入社できませんので、これは大きなデメリットになる可能性があるのです。

強い意志を持ては問題なし

退職を引き止められてしまったら、転職先に入社できません。

でも、退社することはあなたの権利ですので、あなたがきちんと強い意志を持って、就業規則に記載されている期限を守って退社を申し出て、退職届を提出し、仕事の引継ぎをすれば、退職することはできます。

「きっと退職できないから」と迷っていてはいつまでも転職はできません。

退職できないことを心配して、転職活動をしないのはもったいないですよね。

だから、強い意志を持って在職中から転職活動をしていきましょう。

在職中に転職活動をするのはいつから始めれば良いの?と悩むかもしれませんが、本当に転職したいなら、今から始めれば良いんです。

内定をもらったら、入社日のおおよその目安を確認してから、今の職場に退職することを伝え、引継ぎや退職手続きなどを行っていきます。

そして、退職日が決まったら、転職先に退職日を伝えて、入社日の最終調整をする流れになりますね。

在職中に転職活動を行う3つのメリット

在職中に転職活動を行うメリットも見ていきましょう。転職活動を退職後ではなく、あえて在職中に行うメリットは3つあります。

  1. 経済的な心配なく転職活動ができる
  2. 精神的な不安・ストレスが少ない
  3. 在職中の方が社会人モードで面接を受けられる

経済的な心配なく転職活動ができる

在職中に転職活動を行うメリットの1つ目は、経済的な心配なく転職活動ができることです。

20代はまだまだ貯金がそれほど多くないですよね。

そして、自己都合で退職した場合、すぐに失業手当をもらえるわけではありません。

だから、退職後に転職活動をすると、転職活動中に経済的に困窮する可能性があります。

でも、在職中に転職活動を行えば、給料をもらいながら転職活動ができますので、経済的な不安がなく転職活動ができるのです。

経済的に困った状態で転職活動をすると、どうしても「貯金が底をついたから、もうこの企業でいいや」と妥協をしてしまうことがありますが、在職中ならそのような妥協をせずに済むんですね。

精神的な不安・ストレスが少ない

在職中に転職活動をすると、精神的な不安・ストレスが少なくて済むというメリットもあります。

転職活動を真剣に行っても、すぐに内定をもらえるとは限りません。

無職の状態で、なかなか内定をもらえないと、どうしても精神的に追い詰められてしまいます。

追い詰められて精神的に余裕がない状態で転職活動をしても、その焦りが面接官に伝わるので、魅力的な人材だと思ってもらえず、採用してもらえないという悪循環に陥る可能性が高いです。

でも、在職中に転職活動をすれば、不採用が続いても、「身分保障がある」、「転職活動をやめても、収入は確保できる」というセーフティーネットのようなものがありますので、精神的な不安・ストレスは少なくて済むんです。

在職中の方が社会人モードで面接を受けられる

在職中に転職活動をする3つ目のメリットは、社会人モードで面接を受けられることです。

退職後に少し休んでから転職活動を始める場合、また転職活動が長引いた場合、現役の社会人から気持ちが遠のいてしまい、緊張感がなくなってきます。

そして、それが面接官に伝わることがあります。

そうすると、面接官はあまり良い印象は持ちません。

現役の社会人として緊張感がある人の方が戦力になると思われるので、在職中に転職活動をしたほうが、採用される可能性が高くなるのです。

在職中に転職活動をする20代の人は転職エージェントを利用すると良い!

在職中に転職活動をする20代の人は、転職エージェントを利用して、転職活動をしましょう!

デメリットのところで、在職中は時間の融通が利かないこともあるとお話しましたが、転職エージェントを利用すれば、そのデメリットは限りなく小さくなります。

なぜなら、転職エージェントが企業側と面接の日程調整をしてくれるので、あなたの勤務時間外に面接を受けられる可能性が高くなるからです。

また、入社日の調整や退職に関するアドバイスなどもしてくれますので、在職中でもスムーズに転職活動を進めていくことができるんですよ!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる