企業が求めることを20代の転職者は理解することが採用への近道である

企業が求めることを20代の転職者は理解しているのでしょうか?

「なかなか採用されない」、「いつも不採用になる」という人は、企業が20代の転職者に求めることを理解できていない可能性が高いです。

20代の転職者に企業が求めることとは→学習し成長できる力です。

それをアピールすれば、採用がグッと近づくはすです。

企業は20代の転職者に即戦力は求めていない

企業が求めることを20代の転職者は知っておく必要があります。

自分に企業が何を求めているかを知れば、それをアピールすることで、採用に近づくことができるからですね。

20代の転職者は、企業が求めることを勘違いしていることが多いです。

大前提として、企業は20代の転職者に即戦力になることは求めていません。

社会人になってまだ間もない20代は、仕事の実績がないことを企業は知っているからです。

もちろん、即戦力になれるだけのスキル・実績があるなら、それに越したことはありません。

でも、そこまで20代の転職者に即戦力になることは期待していません。

企業は20代の転職者を採用する時は、入社後に自社に合うような社員、自社で活躍できるような社員に育てていくことを前提としているんです。

だから、20代の転職者は「企業が求めること=即戦力」という勘違いはしないようにしましょう。

企業が求めることのために20代の転職者は学習&成長力をアピールすべき

20代の転職者に企業が求めることは、即戦力ではありません。

採用されるためには、企業が求めることを20代の転職者は正しく把握しておく必要がありますよね。

20代の転職者に企業が求めることとは何か、また企業が求めることに当てはまる人材であることをアピールするにはどうすれば良いのかを考えていきましょう。

  1. 20代の転職者に企業が求めることは学習し成長できる力
  2. 学習し成長できる力をアピールするためのポイント

20代の転職者に企業が求めることは学習し成長できる力

20代の転職者に企業が求める事とは、学習し成長できる力です。

20代の転職者に企業が求めることは、即戦力ではありません。

自社で自社にフィットする社員になるように育てていくことが前提なのですから、企業は20代に学習し成長できる力を求めます。

指導したことをドンドン学び吸収して、企業に貢献できる人材に成長していける力を20代の転職者に企業は求めているんです。

そういう人材なら育てがいがあるし、育てた結果はその企業に貢献できる社員になるというリターンが大きいからですね。

学習し成長できる力をアピールするためのポイント

20代の転職者に企業が求めることは、学習し成長できる力です。

では、その力があることを、面接でアピールするためには、どうすれば良いのでしょうか?

学習し成長できる力があることを見せるためには、次のようなことを面接でアピールしましょう。

  • 仕事へのやる気、熱意
  • 仕事へのモチベーションの高さ
  • 適応力の高さ
  • コミュニケーション力
  • 素直さ
  • 柔軟性
  • 貪欲さ
  • 積極性

こういったことをアピールすると、積極的に自分から学び、たくさんのことを吸収し、その企業にフィットしながら、活躍できる人材に成長していけると面接官は思います。

だから、20代の転職者は志望動機や自己PR、面接での受け答えや態度の中で、このようなことをアピールすれば、企業が求めることに自然に応える形になりますから、採用が近づくでしょう。

企業が求めることを20代の転職者がさらに追及すると良い

企業が求めることを20代の転職者は理解し、自分自身が学習し成長していける人材であることをアピールする必要があります。

ただ、「学習し成長していける人材」であることをアピールすれば、どんな企業にも即採用になるわけではありません。

ライバルたちを蹴落として、採用を勝ち取るためには、「その企業」が求めることをさらに追及しなければいけません。]

20代の転職者に企業が求めることは、学習し成長していける人材です。

でも、それだけでは不十分なんです。

その企業にピッタリ合う人材、ほかの企業ではなく自社だからこそ活躍できる人材を企業は求めます。

だから、次のようなことも大切になります。

  • その企業だからこそ自分自身の目標が達成でき、やりたい仕事ができることをアピールする
  • どうしてもその企業で働きたいこと、その企業でないとダメな理由をアピールする
  • その企業が求める人材を調べ、それに近づけるように努力し、アピールする

一般的に20代に企業が求めることだけをアピールするだけでなく、応募企業が求めることを追求していくことで、より採用は近づくはずです。

企業が求めることを20代の転職者がアピールするなら転職エージェントを利用しよう

20代の転職者は企業が求めることを正しく理解して、それをアピールする必要があります。

でも、具体的にどのようにアピールすれば良いかわからないという人もいますよね。

履歴書や職務経歴書の中で、そして面接の中で、やる気や熱意、適応力の高さ、素直さ、柔軟性、貪欲さ、積極性をアピールするには、どうすれば良いんだろうと疑問に思っているなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、効果的なアピール方法を教えてくれます。

また、その企業が求める人材とはどんな人材かを調べてくれたり、どのような志望動機なら「どうしてもその企業で働きたい!」ことをアピールできるのかをアドバイスしてくれます。

だから、転職エージェントを利用すれば、企業が求めることを正しく理解しながら、希望の企業に採用されやすくなるのです。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。

こちらもおすすめ


天職エージェント

【天職エージェント】

現役の転職エージェント5名によるコンテンツ制作チームです。あなたの希望が最大限に叶う転職を実現できるよう、転職業界のプロの視点で包み隠さず情報を発信していきます。

ページのトップへもどる