不動産営業から転職したいあなたにおすすめの有望な転職先

 

「不動産営業から転職したい」

「俺はやっぱり不動産営業には向いてないから辞めたいと思う」

と思っているあなたは、どんな仕事に転職するか決めていますか?

 

「俺はこの仕事をしたい!」

というものが決まっていれば良いのですが、

「とりあえず不動産営業が嫌だ、辞めたい」

「不動産営業の仕事から逃げたいから転職する」

という人のためにおすすめの転職先をご紹介します。

 

おすすめの転職先のポイントは、不動産営業とは違う仕事だけど、不動産営業の経験を活かせることです。

不動産営業の経験を生かす仕事なら、ホワイト企業の好条件の求人に採用されやすいですし、仕事にも早く慣れることができるんです。

 

 

無形商材の法人営業職

 

不動産営業から転職したい人には、無形商材の法人営業職がおすすめの有望な転職先です。

 

無形商材とは物質的なものではない「サービス」の営業です。

有形商材よりも無形商材の方が、市場規模が大きく、将来性は高いです。

 

そして、法人営業だと不動産営業ではなくても、契約1件の金額が大きく、やりがいを感じやすいです。

また、個人営業は人間性を重視されることが多いですが、法人営業ではとにかく商品の魅力・メリットをプレゼンすることを重視されるので、個人営業よりも努力が報われやすいことも多いです。

また、個人営業(B to C)ではなく法人営業(B to B)のほうが、「モンスター客」・「モンスタークレーマー」に遭遇するリスクが低いので、精神的なダメージを受けにくいというメリットもあるのです。

 

不動産営業から転職する時におすすめの有望な転職先、無形商材の法人営業職は、次の4つです。

 

 

金融営業も法人営業のものがありますが、基本的には個人営業の仕事が多いですし、ノルマが厳しいなど不動産営業に似ている点が多いので、ここでは転職先としてはおすすめしません。

 

IT営業

 

不動産営業から転職するのにおすすめの有望な転職先は、IT営業職です。

IT営業はこれからの時代、今よりもさらに将来性が高い仕事ですし、不動産営業との相性が良い仕事、不動産営業からの転職に一番おすすめしたい仕事なんです。

 

  • 営業利益の階層が近い
  • 求められるスキルが近い

 

このような理由がありますので、不動産営業からIT営業への転職はおすすめです。

 

詳しくは、「20代の転職で不動産営業とIT営業間をオススメする3つの理由」を読んでみてください。

リンク先の記事ではB to Bの不動産営業を想定していますので、ここでのB to Cの不動産営業とは少し違う点もあります。

それでも、不動産営業とIT営業の親和性の高さはわかると思います。

 

 

広告営業

 

不動産営業から転職する人は、広告営業もおすすめの有望な転職先ですよ。

広告営業は無形商材の中でも、1件の契約額が大きいので、契約を取れた時のやりがいを感じやすいというメリットがあります。

 

また、広告営業の場合は、ただの営業職というだけでなく、営業をしながら、クライアントのコンサルティング・クリエイティブな側面もあるので、そのような仕事にも興味がある人はやりがいを感じることができると思います。

 

 

人材営業

 

人材営業は、人材を必要とする企業への営業職ですね。

人材斡旋業界は、これからもどんどん成長する分野です。

人材営業は、物件の仲介が人材の仲介に代わっただけで不動産営業との共通点は多いですので、不動産営業の経験を活かすことができますので、おすすめの有望な転職先です。

人材営業をしていると、そのまま人材斡旋業界でステップアップしていくこともできますし、事業会社の人事・採用担当としてヘッドハンティングされるケースも多いです。

また、不動産営業から独立して不動産会社を起こしやすいですが、人材営業から独立して人材斡旋会社を起こしやすいところも似ています。

将来は独立を夢見て不動産業界に飛び込んだという人は、業界を変えて独立起業できる点でもおすすめの有望な転職先と言えます。

 

コンサルティング営業

 

不動産営業から転職する人は、コンサルティング営業もおすすめの有望な転職先です。

コンサルティング営業は、顧客の法人が抱える課題の解決策を提示する営業ですね。

 

コンサルティング営業は、ほかの営業職に比べて、高いスキルが求められます。

その法人が抱える課題に応じた解決策を提示する必要がありますから、広く深い最新知識や柔軟性など必要です。

ただ、その分スキルアップしやすいですし、やりがいを感じやすいというメリットがあるんです。

 

 

不動産業界の他職種

 

不動産営業から転職する人は、転職先として不動産業界内で転職するのはいかがですか?

不動産はもう勘弁!

と思うかもしれません。

でも、あなたが嫌なのは「不動産営業」ですよね。

不動産業界でも営業職以外の他職種なら、今のようにノルマに追われて、「クズ」、「ゴミ」と罵られることも、毎日のように終電で帰る残業地獄に陥ることもありません。

 

不動産業界の他職種でおすすめの転職先は、

などですね。

 

用地仕入れ業務

 

用地仕入れ業務は、マンション用地や建売用地、建築用地、投資用物件などを仕入れる仕事です。

用地仕入れ業務はコネや専門性が必要ですから、不動産営業時代に地主やデベロッパーとのコネを作った人におすすめの仕事です。

 

 

アセットマネジメント

 

アセットマネジメントは、不動産の運用・管理をする仕事ですね。

アセットマネジメントでは、専門的な知識を求められますが、その分高年収が狙える仕事です。

 

 

不動産コンサルタント

 

先ほど、転職先としてコンサルティング営業への転職をおすすめしましたが、どうせなら不動産コンサルタントとして転職するのはいかがでしょうか?

 

不動産コンサルタント営業は、地主などにアパート建築の提案をする仕事ですね。

不動産コンサルタントは税金や保険、相続、その他の幅広い専門的な知識が必要になります。

 

 

物的管理業務

 

不動産の物的管理業務とは、日常的な清掃やメンテナンス、入居前・入居中・退去後のリフォーム・修繕なを行う仕事です。

この仕事は建物のオーナーと、そして賃貸契約を結ぶ顧客とのコミュニケーションは必要ですが、ノルマのようなものはありません。

 

 

不動産の法人向け事業用売買・賃貸営業

 

この記事では個人向け住宅売買営業について個人向け住宅賃貸営業の方にも参考になるように書いてきました。

最後に同じ不動産営業であまり乗る気にはなれない転職先かもしれませんが、法人向けの事業用不動産営業をご紹介したいと思います。

 

法人向け事業用売買営業は売り先リストが個人向けと違って、限られてきます。

また、成約報酬もかなり大きくなりますので、成約1件を取るまでのスパンがもっと長いです。

だから、同じくノルマがあるにしても、個人向け売買営業よりは緊迫感はだいぶ減ります。

 

法人向け事業用賃貸営業も借り手のリストは個人向けと違って、限られてきます。

また、成約報酬が大きくなるので個人向け住宅賃貸営業のような件数ノルマではなく、売上ノルマになります。

 

それじゃあ、同じじゃん

 

というのも分かります。

ただ、今は事業用賃貸で達成が難しかった生産性の低い事務所で仲介手数料無しが浸透し、ハードルが下がりました。

店舗については、生産性が高い案件になるので、昔も今も需要が高いので達成のハードルは低いです。

 

もし、ハードルが下がるなら、やってもいいというのであれば、もろに経験を活かせますのでおすすめの転職先です。

 

 

不動産営業から転職するなら、転職エージェントを使おう

 

不動産営業からの転職を決意することはできた。

しかし、ここでやはり不安があるのではないでしょうか?

 

  • 不動産営業を短期離職した点で反省の転職先での見せ方
  • 不動産営業の経験を転職先でアピールする方法

 

この2つのことに関して、どうしたら履歴書や職務経歴書、面接で効果的に転職先へアピールしたり、面接官(採用担当者)を納得させられるのかわからないという人は多いと思います。

そんなあなたにおすすめなのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントを使えば、不動産営業の仕事を短期で退職した理由や不動産営業経験の転職先へのアピール方法を一緒に考えてくれます。

 

もちろん、ご紹介したようなおすすめの有望な転職先の求人も紹介してくれるんです。

 

また、不動産営業を辞めるに至った経緯を考えると転職先に求める条件は

 

  • 未経験でも採用される
  • 歩合制ではなく、給料のベース自体がそれなりに高い
  • ノルマがないところ
  • 努力が必ず報われるところ
  • 大きな嘘はつかなくてもいいところ
  • 土日休めるところ
  • 成績が悪いからという理由で残業や休日出勤にならないところ

 

ということになるかと思います。

 

先ほどご紹介したおすすめの転職先の中で、これらの条件を満たす職場・仕事であれば、

これが俺の天職だ!

転職最高!

と心から思えるはずです。

 

ただ、不動産営業の経験・スキルを活かせるだけではない。

さらに、不動産営業のストレス・悩みを解消できる仕事であれば、最高だと思いませんか?

 

ご紹介したおすすめの転職先の中で、7つを全部満たす仕事もあります。

ただ、7つ全部は満たさないけれど、いくつかはクリアしている仕事もあります。

7つ全部クリアしていなくても、あなたの中で優先順位が高い条件をクリアしていて、さらに転職する仕事への興味が高ければ、それはそれであなたにとっての天職になりますよね。

 

ただ、おすすめの転職先の中で、あなたが

「この仕事、良さそう。興味がある」

と思うことができて、さらに7つの条件すべてを満たす仕事・優先順位が高い条件をクリアしている仕事を自分で探すのは、かなり難しいと思います。

自分で簡単に探すことができて、しかも簡単に内定を取ることができたら、きっとあなたは今、不動産営業のストレスに苦しんでいないはずですから。

 

これについても、転職エージェントを使えば解決できます。

 

キャリアアドバイザーに、あなたの希望条件や優先順位を伝えるだけで、それを満たす求人をピックアップしてくれるんです。

 

ブラックな職場は事前に弾いてくれていますので、また転職先がブラックな職場だったらどうしようという心配もありません。

 

一刻も早くブラックな不動産営業から脱出して、今度こそあなたにとっての天職に出会ってください。

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

20代におすすめの転職エージェント14選!使うべき理由と鉄板の使い方

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、ご存知マイナビ運営の総合型転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級、経験豊富なマイナビならではの優良求人が揃っています。大手からベンチャー企業、中小でも優良な企業などなど、あなたの希望に合わせた求人を探してくれます。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントでは、各業界・各職種への専門的知識をつキャリアアドバイザーが多数在籍しており、一人一人に細かく合わせた支援をしてもらえます。1つの求人サービスでは拾いきれない情報を貰えることもあるので、併用にオススメです。